サツマイモの病気と害虫

サツマイモの病気と害虫

サツマイモ栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

サツマイモの栽培方法・育て方のコツサツマイモの栽培方法・育て方のコツ

病気

サツマイモに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

立枯病(たちがれびょう)

葉が黄色になってしおれ、つるは伸びず生育不良に、症状が激しいと枯れてしまいます。

茎や塊根に黒い病斑ができます。

⇛ 立枯病の症状と対策・予防法

つる割病

葉は黄化してしおれ、つるの地ぎわが縦に裂けて黒変します。

⇛ つる割病の症状と対策・予防法

その他の病気

黒斑病芋の表面に丸く黒っぽい斑紋ができます。貯蔵中に被害が大きくなります。予防とてしては、無病の苗を用いることが大切です。
斑紋モザイク病葉に紫色の斑紋が現れます。芋は表面が帯状にひび割れ、でこぼこになり、色あせます。原因ウイルスをアブラムシが媒介します。
かいよう病芋に暗褐色でくぼんだ病斑が発生します。

害虫

サツマイモに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

サツマイモネコブセンチュウ

根に寄生し、根を腐らせたり葉を枯らせる土壌病害虫。

被害に遭うと、芋のひげ根の基部に黒色の斑点やくぼみができます。

⇛ センチュウ(線虫)被害の特徴と対策・予防法

ドウガネブイブイ(コガネムシ)

ドウガネブイブイ(コガネムシ)の幼虫

カブトムシやクワガタムシの幼虫と似ていますが、ドウガネブイブイ(コガネムシ)の幼虫です。

地中にいる幼虫が芋を食害します。

⇛ コガネムシ被害の特徴と対策・予防法

ハリガネムシ(コメツキムシの幼虫)

サツマイモがハリガネムシに食害された穴

体長2〜3cmの赤茶色をしたイモムシが、イモを食害します。

食害された箇所には穴があき、酷い所だとイモの奥深くまで穴だらけになります。

その他の害虫

アブラムシ茎や葉に小さな虫が群棲し吸汁加害します。モザイク病のウイルスを媒介するため必要。
イモキバガイモムシ状の幼虫が葉を巻いて中に潜み、歯の外側の表皮だけを残して食害します。(別名:イモコガ)
ナカジロシタバ体長40〜50mm、灰青色で黒色の小斑点、背には黄色の筋が特徴の、イモムシ状の幼虫が葉を食害します。(ヤガ類)
サツマイモの栽培方法・育て方のコツサツマイモの栽培方法・育て方のコツ