ウリハムシ被害の特徴と対策・予防法

カボチャ苗についているウリハムシ

ウリ科の野菜につく茶色い甲虫で、葉を食害して穴だらけにしてしまう「ウリハムシ」。

ウリハムシ被害の特徴と、対策・予防法をまとめています。

ウリハムシ被害の特徴

ウリハムシが発生しやすい野菜
カボチャ キュウリ ゴーヤ スイカ ズッキーニ

ハムシ(葉虫)」の中で、キュウリなどのウリ科植物につくのがウリハムシです。(ウリバエとも呼ばれます。)

ウリハムシの成虫は、体長7〜8mmで茶色の甲虫。

葉脈を残して葉を円弧状に食害し、葉を穴だらけにします。ひどい場合は、葉が網目状になります。

成虫による被害は、植物体が大きくなればそれほど問題はありませんが、幼苗期の食害は生育が抑制され、ひどい場合は植え替えが必要になります、

ウリハムシ被害の様子

ウリハムシ被害を受けるキュウリ
キュウリの果実を食害するウリハムシ

写真はキュウリの葉や果実を食害するウリハムシ。

カボチャ苗についているウリハムシ
ズッキーニの葉についているウリハムシ

カボチャの若苗、ズッキーニの葉についていたウリハムシ。

ウリハムシの対策・予防法

対策

成虫は見つけしだい手で捕まえて駆除します。

しかし、成虫はすぐに飛んで逃げてしまうため、数が多い場合は薬剤散布が効果的です。

農薬を使う場合は「マラソン乳剤」などが有効です。散布型で使い易く、広範囲の害虫に効くため、1本あれば何かと便利です。

予防法

予防法としては、繁殖力が強いため、何よりも最初の飛来を防ぐのが肝心です。

防虫対策に銀色の光反射テープを張る

成虫は反射光を嫌うので、シルバーマルチを敷いたり、銀色の光反射テープを周囲に張ったりすると効果的です。

また、幼苗の頃に被害にあうと初期生育が悪くなってしまうため、防虫ネットや写真のように支柱をたてて空き袋で覆っておく(あんどん)と安心です。

防虫対策に肥料の空き袋で苗を覆う(あんどん)

野菜の育て方