テントウムシダマシの特徴と対策・予防法

テントウムシに見た目そっくりで、葉を食害する害虫「テントウムシダマシ」。

テントウムシダマシ被害の特徴と、対策・予防法をまとめています。

テントウムシダマシの特徴

テントウムシダマシ

テントウムシダマシが発生しやすい野菜
キュウリ、ゴボウ、ジャガイモトマトナスハクサイピーマン・パプリカ、など

肉食性で益虫のテントウムシと見た目そっくりですが、黒い斑点が28個と多いのが、草食性で作物を食害するテントウムシ(ニジュウヤホシテントウ、オオニジュウヤホシテントウ)で、別名「テントウムシダマシ」と呼びます。

ナスやジャガイモの葉を食害し、食害がひどい葉は、やがて枯れます。

おもに葉裏から表皮を残して食害し、食害痕が網目状に残ります。

テントウムシダマシの対策・予防法

対策

成虫は見つけしだい手で捕まえて駆除します。

また、天然成分で有機農産物栽培(有機JAS)にも使える殺虫剤「パイベニカVスプレー」も有効です。

予防法

裏葉に付いている20〜30粒の塊の卵や幼虫は、見つけたら駆除しておくことで、他の植物への被害を抑えることができます。

病害虫の参考リンク

このページをシェアする