しいたけの原木栽培の方法。肉厚でジューシーなしいたけが収穫できた。

スーパーなどで売ってるオガクズ栽培のものとは比べ物にならないくらい、肉厚で大型でジューシーなしいたけが作れる、しいたけの原木栽培。

我が家では、毎年実家で作ったこのしいたけを貰ってたのですが、今年は一緒に栽培体験させてもらいました。

原木栽培に準備するもの

原木

しいたけの種駒を接種する木を入手します。

栽培に良く使用されるのは、ナラ、クヌギ、シデ類、クリ、シイ、カシ。

うちでは、父親が山の管理を手伝っているので、そこからナラの木を貰ってきました。

ほだ木 - しいたけの原木栽培

しいたけ栽培向けの原木は、ホームセンターなどでも売っています。

種駒(しいたけの種)

ホームセンターや通販サイトなどで販売されてます。

今回購入したのは、広く使用されている「にく丸(290号)」という品種。

種駒 - しいたけの原木栽培

しいたけ菌を付着させた種駒800個入り(原木20~30本分)で、2600円ほど。

種駒 - しいたけの原木栽培

原木にこの大きさの穴をいっぱい開けて、そこに種駒を打ち込んでいくわけです。

これで、しいたけ400~500本分くらい(うまく栽培できればもっと)採れます。

栽培時期、栽培の流れ

しいたけ原木栽培の時期、手順は次のような流れになります。

しいたけ栽培の流れ

上記のように菌を接種した後、品種や環境にもよりますが、早いもので接種年の秋や翌春から、通常は夏を2回経過した秋からしいたけが発生します。

無事にしいたけが発生すると、その後3~4年の間、毎年シーズンになればしいたけが発生してきます。(我が家では1年で終わるものもあれば、良くても2年ほど)

栽培手順

種駒を打ち込むための穴開け

種駒に合ったサイズのキリ・電動ドリルを使って、原木に穴を開けていきます。

電動ドリルは、ある程度トルクのあるものを。

種駒サイズのキリ(ドリル)は、こういうもの。(森産業の種駒用で9.2ミリ径。種駒の業者により太さが異なるかもしれないので、購入前にご確認下さい。)

横20cm、縦5cm間隔で、バンバン穴を開けます。

ほだ木に穴あけ - しいたけの原木栽培

打ち込みする種駒の数が多いほど、菌が早くまん延して外菌の侵入も少なく、良いほだ木(しいたけが発生する状態になった木)になります。

種駒の打ち込み

開けた穴に、種駒を差し込んでいきます。

種駒の打ち込み - しいたけの原木栽培

ハンマーで、表面が平らになるように種駒を打ち込みます。

種駒の打ち込み - しいたけの原木栽培

残った種駒は翌年使用することができないので、種駒が余った場合は、余分に穴を開けるなどして使い切ってしまいます。

仮伏せ(保湿管理)

接種された種駒の菌糸が、確実に原木に移ってまん延を始めるように保湿管理するのが「仮伏せ」です。

原木に水分を含ませて、周囲をワラ、ムシロ、遮光ネット、ブルーシートなどで覆って、保湿できる状態にします。

うちでは、ワラで覆って、

仮伏せ - しいたけの原木栽培

遮光ネットで覆って放置しておきました。

仮伏せ - しいたけの原木栽培

本伏せ

3ヶ月ほど仮伏せしたら、次は本伏せです。

しいたけ菌糸の活着した原木を、更に原木全体へ菌糸がまん延できるような条件下で管理します。

しいたけ菌は高温には弱く、50℃にも達すると数時間で死滅するため、夏の直射日光に当たるとひとたまりもありません。

なので、↓のようにしておきます。

本伏せ - しいたけの原木栽培

うちでは、平坦地での伏せ込みに適していると言われている「合掌伏せ」にして、遮光ネットを掛けています。

しいたけ原木栽培 合掌伏せ

より多くしいたけができるように

冬に仕込むと、夏を2回経験した秋からしいたけが発生します。

で、今がまさにその時なのですが、その少し前の10月中旬に、次のことをしておきました。

  • ほだ木を叩く
  • ほだ木を水に漬ける

ほだ木を叩くことでシイタケ菌が活発になり、その後、ほだ木を24時間ほど冷たい水に漬け込むことで秋を感じさます。

こうすることで、しいたけがより多く発生しやすくなります。

しいたけの収穫

で、10月下旬、ついにしいたけが出始めました。

しいたけ原木栽培の収穫

まだ全てのほだ木からは発生してませんが、これからポコポコと出てくるはず。

見よ、この肉厚なしいたけを。

原木栽培で収穫したシイタケ

バター焼きにして食べてみましたが、超ジューシーでめちゃ旨です。

ちなみに、うまくいけば、同じほだ木から2〜3年ほど繰り返し収穫できます。

しいたけが好きな方は、ぜひぜひ自分で栽培して食べてみて下さい。

一度食べると、スーパーとかで買ったしいたけではもう満足できなくなります。

しいたけの原木栽培キット

しいたけの原木栽培は、しいたけの種駒とそれを打ち付ける原木が必要になります。

原木を入手できる方は、こういった「しいたけの種駒」を。

それが難しい方は、種駒が打ち付けられた状態の「ほだ木」も販売されています。

菌床栽培なら自宅リビングでも育てられる

しいたけ栽培キット

原木栽培はハードルが高いな…という方は、自宅で育てられる菌床栽培のキットもあります。

霧吹きで水をかけるだけの手軽さで、購入してすぐに収穫が楽しめるので、はじめての方にオススメです。

⇛ 自宅でキノコが育てられる「しいたけ栽培キット」を試してみた

このページをシェアする