ネギ(長ネギ・白ネギ)の栽培方法・育て方のコツ

家庭菜園の初心者の方向けに、ネギ(長ネギ・白ネギ)の栽培方法を写真とイラスト付きでまとめています。

ネギ栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツ、発生しやすい病害虫と対策など。

ネギ栽培の特徴

ネギ(長ネギ・白ネギ)の栽培

種類 科目 好適土壌pH 連作障害
ネギ ネギ科 6.0〜6.5 連作可能

ネギは生長に合わせて土寄せすることで、葉鞘部を白く長く育てるのが特徴です。

ネギの根は酸素の要求量が大きいため、植え付けるときに土を盛りすぎると生育が悪くなるので注意。

地方ごとに多数の在来品種があるので、いろいろ食べ比べてみるのもオススメです。

栽培のポイント

  • 畑で苗を育てて、植え付けのときに半熟堆肥やワラを掛けて病害虫を予防する
  • 土寄せをしっかりして、軟白部分を長くする

品種によって異なる長ネギの特徴

長ネギの品種は、大きく次の2つに大別されます。

  • 分けつしにくいネギ:一本ネギ、根深ネギ
  • 分けつしやすいネギ:葉ネギ

分けつしにくいネギは「下仁田ネギ」などが代表的で、1本1本を長く太く育て、軟白部分が長いネギ。

1本1本を長く太く育てる下仁田ネギ
収穫した下仁田ネギ

分けつしやすいネギは「九条太ネギ」などが代表的で、分けつにより株数が増えていき、軟白部分が短く葉も利用します。

九条太ネギの植え付け
分けつして増えた九条太ネギ
収穫した九条太ネギ

ネギの栽培時期

ネギの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

春まきと秋まきができ、それぞれ畑に直播きして苗を作り、育った苗を植え替えて栽培します。

ネギ(長ネギ・白ネギ)の栽培時期・栽培スケジュール

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

ネギの栽培方法

ネギの栽培方法は、次のような流れになります。

苗床を作る

ネギの種をまいて苗を育てるための、苗床を作ります。

種まきの3週間以上前に、堆肥を鋤き込み、表面を平にならしておきます。

栽培する量が少量の場合は、プランターや育苗箱に培養土を入れて苗作りをすると手軽です。

種まき・育苗

ネギの種
ネギの種まき
不織布のベタ掛け
ネギの発芽

条間15cmでまき溝をつけ、1〜2cm間隔で条播きにします。

軽く覆土して鎮圧し、たっぷりと水をやります。

また、土が乾燥すると発芽率が悪くなるため、もみ殻をまいたり、不織布をベタ掛けしておきます。

発芽後は不織布を外し、混み合ったところを間引いて最終株間4〜5cmにし、草丈20cmまで育てます。

ネギの種は短命で、常温保存で寿命1〜2年と言われています。そのため、古くなった種を利用するのは避けて新しい種を利用し、発芽を揃えることに努めるようにしましょう。

土作り

苗の植え付け3週間前までには堆肥を鋤き込んでよく耕し、畝を立てておきます。(元肥は定植の際に溝施肥にする)

ネギは過湿に弱いので、水はけのいい場所を選びましょう。

pHは6.0〜6.5が目安です。

畝の中央に、深さ30cmほどの植え溝を掘ります。(クワで掘るとちょうど良い幅の植え溝ができる)

ネギ用の畝に植え溝を掘る

肥料

肥料には、「ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

植え付け

草丈20cmが植え替えの目安です。

根を傷めないように移植ゴテで苗を掘り起こして、1本ずつに分けます。

定植期のネギ苗
植え替えのためネギ苗を掘り起こす

植え穴の底に溝肥を施します。溝に堆肥と肥料を入れて土を被せます。

ネギの畝に溝肥を施す
溝肥に土を被せる

植え穴に株間5cm間隔で、1本ずつ壁に立てかけるように苗を置いていきます。

ネギは寄せ植えした方が、お互いに助け合うために生育がよくなるので、株と株の間は5cmほどに狭めて密植する。

ネギ苗の植え付け
ネギ苗の溝にワラを敷く

根が隠れ、株が倒れない程度に覆土します。(浅植えにする)

根元にはワラを敷いておきます。ワラを敷くことで適度な水分を維持し、また、通気が良くなることで病害虫を防ぐ効果があります。

尚、植え付け後の水やりは不要です。

連作障害・コンパニオンプランツ

ネギは連作障害が出にくいため、同じ場所での連作が可能です。

また、ネギの根には、土壌病害を抑える効果のある拮抗菌が共生しているため、コンパニオンプランツとしての利用もオススメです。

土寄せ・追肥

ネギの分けつ部(成長点)
ネギに追肥と土寄せ
ネギに土寄せ
土寄せでネギの白い部分を伸ばす

植え付けから1ヶ月後、土寄せと追肥を行います。

ネギの根元にワラを敷き、ネギの分けつ部(葉が分岐するところ)の4〜5cm下まで土寄せします。

ネギの分けつ部に土が入ると、生育が極端に悪くなったり、腐敗することがあるため、土寄せは常に分けつ部の4〜5cm下までとする。

ネギは珪酸分を好んで吸収する性質があり、ワラやもみ殻には珪酸分が多く含まれるため、施用は生育を促進します。

土寄せの際、ネギと反対側の畝の肩に追肥を施し、土と混ぜながら植え溝に落とします。

以降、生長に合わせて計3〜4回、同様に追肥と土寄せを行います。(最後の土寄せでは追肥は不要)

また、ネギは雑草に弱いので、土寄せの際に限らず、こまめに除草してやりましょう。

土寄せは、ネギ栽培で最も大切な作業

長ネギは生長に合わせて土寄せすることで、葉鞘部が白く長くなります。土寄せをきっちり行って軟白部分を伸ばしていくことが、品質の高いネギを育てるポイント。

ネギ坊主は摘み取る

ネギ坊主

ネギは、一定の大きさの苗が一定期間低温に当たると「とう立ち」する性質があります。

そのため、本来は収穫期の後でとう立ちするはずが、収穫期前にとう立ちしてネギ坊主(花芽)ができてしまうことがあります。

→ とう立ちについて

放っておくと、生長の妨げになるため、見つけたらすぐに摘み取ります。

収穫

ネギの収穫作業
収穫した白ネギ

緑葉の伸びが止まってから約40日後が収穫の適期です。

青ネギの収穫なら、寒さで葉が枯れる前に。白ネギなら、寒さに当ててから収穫すると甘みが増して美味しくなります。

ワラを入れた側にスコップを差し込み、ネギを傷つけないように掘り起こします。株元を手で掴み、そのままぐっと抜きとって収穫します。

収穫後すぐに食べないときは、泥付きのまま新聞紙に包み、冷暗所で保存しておきます。

発生しやすい病害虫

ネギに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。

病気

萎縮病(いしゅくびょう)

株が萎縮してモザイク症状が現れます。

または、株全体が黄化して、生育不良になります。

萎凋病(いちょうびょう)

下葉から黄化してしおれ、生育不良となり枯れてしまいます。

⇛ 萎凋病の症状と対策・予防法

ウイルス病

葉に黄緑色の筋状の斑点や黄緑色と緑色のモザイク症状が現れます。

原因ウイルスをアブラムシやアザミウマが媒介します。

⇛ ウイルス・モザイク病の症状と対策・予防法

黒斑病(こくはんびょう)

ネギに発生した黒斑病

葉に淡褐色〜黒色で大きな楕円形の病斑ができます。

⇛ 黒斑病の症状と対策・予防法

さび病

オレンジ色の楕円形で、やや膨らんだ小さな斑点ができます。

⇛ さび病の症状と対策・予防法

軟腐病(なんぷびょう)

葉身基部の地ぎわ部が軟化し腐敗します。

⇛ 軟腐病の症状と対策・予防法

べと病

ネギに発生したべと病

葉に黃白色のぼやけた退色病斑ができ、灰白色の薄いカビが発生します。

⇛ べと病の症状と対策・予防法

害虫

ナメクジ

ネギを食害するナメクジ

湿気を好んで土の中などに潜み、柔らかい葉を舐めるように食害します。

⇛ ナメクジの特徴と対策・予防法

ネギアブラムシ

体長1.8〜2mm、黒色で小さな虫が葉に群がって、吸汁加害します。

ウイルス病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アブラムシの特徴と対策・予防法

ネギアザミウマ

体長1〜2mmの小さな成虫や幼虫が葉を食害して、かすり状の白斑にします。

ウイルス病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アザミウマの特徴と対策・予防法

ネギコガ

体長7〜9mm、淡緑色で褐色の条斑がある小さな幼虫が葉を食害します。

ネキリムシ

ネキリムシ

体長4cmほどのイモムシ状の幼虫が、地ぎわで苗を噛み切ります。

育苗時に被害に遭いやすいので、注意が必要。

⇛ ネキリムシの特徴と対策・予防法

シロイチモジヨトウ、ハスモンヨトウ

ハスモンヨトウ(ヨトウムシ)

体長3〜4cmほど、淡緑〜褐色をしたイモムシ状の幼虫が、夜間に葉を食害します。

⇛ ヨトウムシの特徴と対策・予防法