イチゴの病気と害虫

イチゴの病害虫

イチゴ栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

イチゴの栽培方法・育て方のコツ(露地栽培)イチゴの栽培方法・育て方のコツ(露地栽培)

病気

イチゴに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

萎黄病(いおうびょう)

葉が黄色くなってしおれ、3枚の小葉のうち1枚が小型化するのが特徴です。

⇛ 萎黄病の症状と対策・予防法

うどんこ病

葉や茎、果実の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。

⇛ うどんこ病の症状と対策・予防法

炭疽病(たんそびょう)

葉や葉柄、茎に黒褐色のくぼんだような斑点が生じ、ひどくなると株は枯れます。

⇛ 炭疽病の症状と対策・予防法

その他の病気

ウイルス病葉の黄化やねじれ、株全体が萎縮します。原因ウイルスをアブラムシが媒介します。
灰色かび病果実に水浸状の病斑が生じ、広がって腐敗します。
輪斑病葉に紫褐色の病斑が生じ、拡大すると中心部が壊死します。

害虫

イチゴに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

アブラムシ

イチゴに群棲するワタアブラムシ

茎や葉に、緑色や褐色などの小さな虫が群棲し、吸汁加害します。(写真はワタアブラムシ)

すす病を誘発することもあるので、注意が必要。

⇛ アブラムシ被害の特徴と対策・予防法

ハスモンヨトウ

ハスモンヨトウ(ヨトウムシ)

緑色〜茶色でイモムシ状の幼虫が、新葉、蕾、花などを食害します。

⇛ ヨトウムシ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

コナジラミ葉裏に体長1〜2mmで白い羽の虫が群棲し、葉を吸汁加害します。
ハダニ体長0.5mmほどの赤い小さな虫が葉裏に寄生して吸汁加害し、葉の色素が抜けます。
ネグサレセンチュウ根に入り込み、根は黒変し、被害株は腐敗・壊死します。
ドウガネブイブイ幼虫が仮植苗の根を食害します。
ナメクジ新芽や若葉、花や実をなめるように食害します。
イチゴの栽培方法・育て方のコツ(露地栽培)イチゴの栽培方法・育て方のコツ(露地栽培)