アサツキ(浅葱)・ワケギ(分葱)の病気と害虫

アサツキ(浅葱)・ワケギ(分葱)の病害虫

アサツキ(浅葱)・ワケギ(分葱)栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

アサツキ(浅葱)・ワケギ(分葱)の栽培方法・育て方のコツアサツキ(浅葱)・ワケギ(分葱)の栽培方法・育て方のコツ

病気

アサツキ(浅葱)・ワケギ(分葱)に発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

黒斑病(こくはんびょう)

ネギに発生した黒斑病

葉に淡褐色〜黒色で大きな楕円形の病斑ができます。

⇛ 黒斑病の症状と対策・予防法

さび病

さび病

葉の表面に、オレンジ色の楕円形で、やや膨らんだ小さな斑点が多数形成されます。

小斑点はしばらくすると破れて、オレンジ色で粉状の胞子が飛散します。

⇛ さび病の症状と対策・予防法

べと病

ネギに発生したべと病

葉に黃白色のぼやけた退色病斑ができ、灰白色の薄いカビが発生します。

⇛ べと病の症状と対策・予防法

その他の病気

萎縮病ウイルス病の一種。葉に濃淡のモザイク症状が現れます。
萎凋病下葉から黄化してしおれ、生育不良となり枯れてしまいます。
ウイルス病葉に黄緑色の筋状の斑点や黄緑色と緑色のモザイク症状が現れます。原因ウイルスをアブラムシやアザミウマが媒介します。
軟腐病葉身基部の地ぎわ部が軟化し腐敗します。
黒腐菌核病葉が黄化してしおれ、地ぎわは暗褐色に腐敗、表面に小黒粒が多数形成されます。

害虫

アサツキ(浅葱)・ワケギ(分葱)に発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

ネギアザミウマ

体長1〜2mmの小さな成虫や幼虫が葉を食害。葉に白い小斑点ができ、被害が進むと葉全体がかすり状に白くなります。

ウイルス病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アザミウマ被害の特徴と対策・予防法

ネギアブラムシ

体長1.8〜2mm、黒色で小さな虫が葉に群がって吸汁加害します。

ウイルス病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アブラムシ被害の特徴と対策・予防法

ナメクジ

ナメクジ

湿気を好んで土の中などに潜み、柔らかい葉を舐めるように食害します。

⇛ ナメクジ被害の特徴と対策・予防法

シロイチモジヨトウ、ハスモンヨトウ

ハスモンヨトウ(ヨトウムシ)

体長3〜4cmほど、淡緑〜褐色をしたイモムシ状の幼虫が、夜間に葉を食害します。

⇛ ヨトウムシ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

ネギコガ体長7〜9mmの蛾の幼虫が葉を食害。葉の表面に白い斑点、白い筋がつきます。
ネキリムシ夜間に、褐色の幼虫が、植えたばかりの苗の根元を噛み切ります。
アサツキ(浅葱)・ワケギ(分葱)の栽培方法・育て方のコツアサツキ(浅葱)・ワケギ(分葱)の栽培方法・育て方のコツ