エンドウ(えんどう豆)の病気と害虫

エンドウ(えんどう豆)の病害虫

エンドウ(えんどう豆)栽培で発生しやすい病害虫。

それら症状の特徴と防除方法をまとめています。

目次

エンドウ(えんどう豆)の栽培方法・育て方のコツエンドウ(えんどう豆)の栽培方法・育て方のコツ

病気

エンドウに発生しやすい代表的な病気と、その対策・予防法をまとめています。

うどんこ病

エンドウの葉に発生した「うどん粉病」

葉の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。

被害が進むと葉全体が白く覆われて生育が悪くなり、ひどい場合は株全体が枯れ上がります。

⇛ うどんこ病の症状と対策・予防法

モザイク病

葉に緑色濃淡のモザイク模様が現れ、葉が変形したり、茎に褐色状の壊疽が生じます。

原因ウイルスをアブラムシが媒介します。

⇛ ウイルス・モザイク病の症状と対策・予防法

その他の病気

褐斑病葉・茎・サヤ・種子に発生。葉には褐色の病斑、サヤには赤褐色で凹みのある病斑が生じます、
べと病葉に淡黄色の病斑、葉裏にはカビが発生し、サヤに薄白色の病斑を生じます。

害虫

エンドウに発生しやすい代表的な害虫と、その対策・予防法をまとめています。

エンドウヒゲナガアブラムシ

体長4mmほどの淡緑色の虫が、葉、花、サヤに群がって吸汁加害します。

ウイルス病のウイルスを媒介するため、注意が必要。

⇛ アブラムシ被害の特徴と対策・予防法

ナモグリバエ

体長3mmほどの乳白色の幼虫が葉肉の中から葉を食害し、葉の表面に絵を描いたような白い筋状の食痕を残します。

⇛ ハモグリバエ被害の特徴と対策・予防法

シロイチモジヨトウ

エンドウについたシロイチモジヨトウ

淡緑色で背に白い筋のあるイモムシ状の幼虫が、葉を食害します。

⇛ ヨトウムシ被害の特徴と対策・予防法

その他の害虫

ウラナミシジミ体長約15mm、暗緑色でイモムシ状の幼虫が蕾、花、サヤを食害します。
エンドウ(えんどう豆)の栽培方法・育て方のコツエンドウ(えんどう豆)の栽培方法・育て方のコツ