黒斑病(こくはんびょう)の症状と対策・予防法

葉に黒色の病斑ができる「黒斑病(こくはんびょう)」。

その症状と発生原因、対策・予防法をまとめています。

黒斑病(こくはんびょう)の症状

黒斑病

黒斑病が発生しやすい野菜
キャベツサツマイモネギハクサイ、など

はじめに、葉の表面に褐色の病斑が発生します。

しだいに病斑は黒色に変わり、大きな病斑がいくつもできて葉が縮み、下葉から黒く枯れていきます。

雨が多く、高温になると発生しやすい特徴があります。

主な原因と伝染経路

病原菌は糸状菌(カビ)の一種ですが、植物により菌が異なります。

被害葉の病斑上に現れる黒い粒から胞子が広がります。

菌は病葉で越冬し、翌春に胞子ができて雨にのって伝播します。

黒斑病被害の様子

写真はネギに発生した黒斑病。他の株にどんどん広がり、ひどいものは葉が枯れてしまいました。

ネギに発生した黒斑病
黒斑病が広がり枯れたネギ

黒斑病(こくはんびょう)の対策・予防法

対策

被害が出た葉は、除去・焼却処分します。

また、農薬を使う場合は「GFベンレート水和剤」などがあります。予防効果と治療効果を兼ね備えており、広範囲のかび性の病気に効果があります。

予防法

連作は避け、作付け前の夏に太陽熱消毒をしておくと安心です。

⇛ 雑草対策に太陽熱マルチ殺草処理(太陽熱土壌消毒)を試してみる

また、「サツマイモ」であれば、無病の苗を用いることが大切です。