浅葱(あさつき)の美味しい食べ方レシピ

アサツキぶっかけご飯

我が家では、薬味用のネギに「浅葱(あさつき)」を育てて利用しています。

葉ネギやワケギよりも少し辛味が強く、薬味としてはもちろん、ご飯にぶっかけて食べても美味しいんです。

そんな浅葱を使ったお手軽レシピを紹介します。

浅葱(あさつき)とは?

アサツキ(浅葱)・ワケギ(分葱)をプランターで栽培している様子

浅葱(あさつき)はネギの一種で、主に薬味として利用します。

葉ネギ(万能ねぎ)やワケギに比べて若干辛みが強いのが特徴で、ネギとは一味違った風味が人気。

スーパーなどではあまり見かけませんが、プランターでも簡単に栽培できるので家庭菜園にオススメの野菜です。

⇛ アサツキ(浅葱)の栽培方法

浅葱のおすすめレシピ

薬味として

基本は細かく刻んで薬味に。

とろろご飯なんかにパラパラとかけると美味しいです。

浅葱をとろろご飯の薬味に

ネギ臭さが少ないので、たっぷりかけても大丈夫。

浅葱ぶっかけご飯

私の野菜栽培のバイブル「スローでたのしい有機農業コツの科学」。その著者「西村和雄」先生のお宅にお邪魔したときに教えて頂いたレシピ。

まず、浅葱を細かく刻みます。

浅葱を細かく刻みます

刻んだ浅葱をあつあつご飯の上にのせます。

刻んだ浅葱をあつあつご飯の上にのせます

鰹節をのせて、醤油をかけてできあがり。

アサツキぶっかけご飯

え?と思う食べ方だと思いますが、めちゃめちゃ旨いんです。一度お試しあれ。

ごま油を絡めてご飯のお供に

ざっくりめに切った浅葱に、ごま油を絡めて胡麻をかけます。

浅葱にごま油を絡める

これをご飯にのせて、かつお節をかけて食べると最高です。

ごま油と胡麻を絡めた浅葱

とにかくご飯がすすむ一品です。お試しあれ。