アゲハチョウ被害の特徴と対策・予防法

キアゲハの幼虫

大きな幼虫が葉を食害する「アゲハチョウ」類。

アゲハチョウ類による被害の特徴と、対策・予防法をまとめています。

アゲハチョウ被害の特徴

アゲハチョウが発生しやすい野菜
セロリ ニンジン パセリ

アゲハチョウの幼虫が、葉を食害します。

集団で発生することは少ないですが、老齢幼虫になると体長5cmほどに大きくなるため、食害する量も多くなります。

アオスジアゲハ、アゲハ、キアゲハ、ナミアゲハなど、種類によって体の模様や斑点などの特徴が異なります。

写真は順に、柑橘類につく「ナミアゲハ」、セリカの野菜につく「キアゲハ」の幼虫。

アゲハチョウの幼虫
キアゲハの幼虫

アゲハチョウ類の対策・予防法

対策

体が大きいので見つけやすく、見つけしだい手で捕まえて駆除します。

また、天然成分で有機農産物栽培(有機JAS)にも使える殺虫剤「STゼンターリ顆粒水和剤」も有効です。天然微生物(B.t.菌)が作る有効成分が、チョウ目害虫に効果をあらわします。

予防法

野菜を植え付けたあと、すぐに防虫ネットや寒冷紗でトンネル掛けしておけば、産卵を防ぐことができます。