摘果したトウモロコシ、ヤングコーン(ベビーコーン)を食す

トウモロコシに実がついた。

間引きするのに摘み取った雌穂は、ヤングコーンとして食しました。

トウモロコシの育て方はコチラにまとめています

1本に間引き

トウモロコシの摘果

トウモロコシは、1つの株に1つの実だけにします。

こうすることで、残った実が充分な栄養を得ることができ、実の詰まったトウモロコシになります。

で、上の大きい方は残しておいて、下の小さい雌穂を摘み取る。

摘み取った雌穂。

摘み取った雌穂

これがいわゆる「ヤングコーン(ベビーコーン)」です。

ヤングコーン(ベビーコーン)

ヤングコーンは鮮度の低下が早く、半日ほどで味が落ちます。

なので、生のヤングコーンが市場に出回ることは少なく、これが食べられるのは農家の特権(・ω・)b

ヤングコーンを食す

皮をむいたヤングコーン。

ヤングコーン(ベビーコーン)

生のままでも食べられるそうですが、青臭いのが苦手なので、軽く茹でました。

で、美味しい食べ方を検索してたところ、グリーンカレーが目に留まる。

Cpicon ヤングコーンとパプリカのグリーンカレー by raburihome

が、作るのが面倒臭いのと、昨日のカレーの残りがあったので、夏野菜カレー風にのっけて食べてみた。

ヤングコーンで夏野菜カレー

歯ごたえの良さと、ほのかな甘味。でも、若干青臭い…

これは多分、好き嫌いがあるんですかね。

個人的には、大人のトウモロコシの方が好きです。