軽くて持ち運びにも便利「日本野鳥の会」のお洒落な長靴

by

日本野鳥の会バードウォッチング長靴(メジロ)

農業にもっとお洒落を!と思っているので、イケてる農ファッションを取り上げていきたいと思います。

まずはオシャレ長靴、「日本野鳥の会」の「バードウォッチング長靴」。

バードウォッチング長靴とは

日本野鳥の会

もともと、野鳥とその生息地を守る活動を行う「日本野鳥の会」が、バードウォッチング用に製作したオリジナル長靴。

それが、使い勝手の良さとファッション性の高さから、口コミで人気が広がり、年々倍増で売れているんだとか。

特徴

私が持っているのは、茶色の長靴。

日本野鳥の会 バードウォッチング長靴

生地が薄いので、写真のように自立させるのにはテクニックが必要です。

携帯性

最も大きな特徴は、携帯性。

このようにクルクルと折り畳むことができます。

日本野鳥の会 バードウォッチング長靴

丸めた長靴は付属の袋に入ります。

日本野鳥の会 バードウォッチング長靴

また、普通のゴム長靴に比べて驚くほど軽いので、持ち歩くのも苦になりません。

履き心地

履き心地もかなり良いです。

ゴム長靴は中が蒸れやすいのですが、コレは内側がメッシュ構造になっていて蒸れにくい。

日本野鳥の会 バードウォッチング長靴

フィット感もかなり高いです。

バードウォッチングで、干潟やぬかるみでも行動しやすいように作られているので、動きやすく、脱げにくい。どちらかというと足袋のような感覚が近いかもしれません。

日本野鳥の会 バードウォッチング長靴

フィットするなら脱ぎにくそうだなと思いますが、そこにも一工夫。

日本野鳥の会 バードウォッチング長靴

踵に出っ張りがあり、そこを踏んで脱ぐと簡単に脱げます。

デザイン

カラーは、ブラウン、グリーン、カモフラージュ、メジロの4色展開。

カジュアルな服装に合わせやすく、Bのロゴマークもかわいい。

日本野鳥の会 バードウォッチング長靴

WBSJは、日本野鳥の会(Wild Bird Society of Japan)の略。

新色「メジロ」とかイイ感じなので、もう一足欲しいとか思ったり。

日本野鳥の会バードウォッチング長靴(メジロ)

こんな使い方

普通のゴム長靴に比べると耐久性は高くなさそうなので、普段の農作業には利用してません。

が、ぬかるみで動きやすいので、田植えなどに重宝しています。

2012 田植え

お洒落デザインなので、普段使いのレインブーツにも(・ω・)b

また、コンパクトで持ち運びが楽なので、キャンプやアウトドアイベントに携帯しています。

実際、フジロックなど野外フェスの雨対策に人気で、そこから火が付いたんだとか。

Fuji Rock rain photos

いろいろなシーンで使えるので、1つ持っておくと何かと重宝するアイテムです。

ちなみに、販売収益は野鳥を守るための活動資金になるとのこと。

他にもお洒落な農業ファッション

こんな記事も読まれています