白斑病(はくはんびょう)の症状と対策・予防法

葉に灰白色の病斑ができる「白斑病(はくはんびょう)」。

その症状と発生原因、対策・予防法をまとめています。

白斑病(はくはんびょう)の症状

ハクサイの葉に白い斑点が出る「白斑病(はくはんびょう)」

白斑病が発生しやすい野菜
ハクサイミブナ、など

はじめに、葉の表面に灰褐色でぼやけた小斑点が発生します。

やがて病斑が2cm程度に拡大すると、灰白色に変色して破れやすくなります。

症状が重いと葉はしおれ、枯れてしまいます。

主な原因と伝染経路

病原菌は糸状菌(カビ)の一種。

雨が多いと多発し、さらに肥料不足だと被害が蔓延します。

白斑病(はくはんびょう)の対策・予防法

対策

被害が出た葉は、除去・焼却処分します。

また、農薬を使う場合は「GFベンレート水和剤」などがあります。予防効果と治療効果を兼ね備えており、広範囲のかび性の病気に効果があります。

予防法

連作は避け、作付け前の夏に太陽熱消毒しておくと安心です。

⇛ 雑草対策に太陽熱マルチ殺草処理(太陽熱土壌消毒)を試してみる

また、栽培の間には肥料切れを起こさないように、適度な追肥を行いましょう。

病害虫の参考リンク

このページをシェアする