園芸ネット、きゅうりネットの張り方

キュウリやゴーヤなどツルものの野菜は、伸びたツルを這わせるのに、ネットを張って栽培します。

ここでは、園芸ネット、きゅうりネットの張り方を紹介します。

園芸ネット

園芸ネットは、家庭菜園など小規模栽培で利用するツルもの用のネット。

頑丈な素材で、ほつれにくい仕様なので、繰り返し使用することができます。

幅、高さ、目合いにいろいろなサイズがあるので、栽培スペースに適した大きさのものを選びましょう。

園芸ネットの張り方

まずは、園芸ネットのサイズに合わせて、支柱を立てます。(支柱の立て方

園芸ネットを張るための支柱立て

園芸ネットを袋から出すと、色違いの紐が4本(オレンジ色)あります。これは、四隅に結ぶ取り付け用のロープです。

園芸ネットを袋から出したところ

これを支柱の四隅に結びつけてネットを広げます。

園芸ネットの四隅を引っ張って固定

最後に、ネットがたるまないように上部と横部分を支柱と結んで完成。

園芸ネットの張り方

きゅうりネット

きゅうりネットは、きゅうり以外にも様々なツルもの野菜に利用できるネット。

先述の園芸ネットに比べて、大きさの割に非常に安価で、1.8m✕6m〜100mなど大規模栽培にも利用します。

但し、ほつれやすく、片付けも大変なので、使い捨てで利用するのが一般的です。

ネットのサイズが6m〜と家庭菜園には大きすぎますが、余った分は束ねておけば不便はなく、片付け時に巻き付いたツルを外したり、ネットが絡まらないように片付けるのも面倒なので、うちではネット栽培には全てこれを利用しています。

きゅうりネットの張り方

きゅうりネットをキレイに張るには、少しコツが要ります。

まず、全体像はこんな感じ。「張りひも」を横に3本(青色)を張り、網目がピンと張るように紐で結んで固定(ピンク)。

きゅうりネットの張り方(固定部分)

最初に、きゅうりネットの大きさに合わせて支柱を立てます。(支柱の立て方

きゅうりネットを張るための支柱立て

きゅうりネットを袋から取り出すと、両端(緑色)がひもで束ねられています。(ここで束ねているものを解くと絡まってしまうので注意。

この緑色の部分が、ネットの上下になります。

きゅうりネットを袋から出したところ

片側の緑色の輪っかに「張りひも」を通し、カーテンのように支柱上部を横に渡し、張りひもを固定します。

きゅうりネットの輪っかに張りひもを通す

こんな感じになります。

この時点ではネットがたるんで、支柱の高さが足りないように見えますが、網目を広げて張るうちにピンとなります。

きゅうりネットの上部を通してたるんでいる様子

同じように、もう片側の緑色の輪っかにも「張りひも」を通して、支柱下部に横に渡します。

ここではじめて、ネットを束ねている紐を解いて、ネットを広げていきます。

まずは、片側側面を網目の大きさに合わせて固定し、カーテンのように広げていきます。

きゅうりネットをカーテンのように広げる

その後、↓のように、上から順に広げて固定していき、最後に中央にも「張りひも」を通して固定。

きゅうりネットの張り方(広げる順番)

最初から引っ張りすぎたり、途中たるんでいたりすると、キレイな形に仕上がりません。

網目の大きさを意識して、端から順に張っていくのがコツです。

ピンと張っていないと、風でゆれて作物が傷んでしまうため、たるみがないように丁寧に張りましょう。

きゅうりネットはピンと張ること

また、余ったネットは、束ねて支柱にくくりつけておけば問題ありません。

ちなみに、ネットを固定するための「張りひも」には、強度があり伸びない材質のものを使います。

誘引ひも(サンライズ)
誘引ひも(サンライズ)

うちでは、「サンライン」という商品を使っていますが、安価で強く使いやすくてオススメです。