農業が学べる学校(社会人向け)

農業を学べる学校

本格的に農業を始めたい、新規就農したいと考えているのなら、農業知識と技術に加え、農業経営に関する体系的な学びが必要です。

農業の学校と聞くと農業高校や農業大学をイメージしますが、社会人になってからでも週末だけの学校や通信教育で仕事を続けながら学んだり、仕事を辞めて助成金を貰いながら学校に通うこともできます。

参考 農業次世代人材投資資金(旧青年就農給付金)農林水産省

ここでは、社会人向けに農業を勉強することができる学校を紹介します。

農業大学校

農業経営の担い手を養成する中核的な機関として、全国42道府県に設置されている「農業大学校」。

1~2年で農業の技術や経営を学ぶことができ、都道府県エリアの特性に合わせた学科が設けられています。

農業の専門学校として、座学よりも実習が多く充てられており、現場実習で実践的な教育を受けられるのが特徴。

年間の授業料も安く、全日制で寮を備えている学校も多くあります。(学校によっては短期研修課程もあり。)

尚、農業大学校は文部科学省管轄の4年制大学や短期大学とは違い、多くは専門学校(専修学校専門課程)として認定されています。

社会人向けの農業スクール

民間運営の農業スクールには、週末開講やオンライン講座など、社会人が仕事を続けながら通いやすい学校があります。

いくつかある中で最大手なのが、マイファームが運営する週末開講の農業スクール「アグリイノベーション大学校(AIC)」です。

有機農業の原理原則を軸に、農業技術の基礎から応用、就農を目指すにあたっての基礎知識、生産・流通・販売・その他アグリビジネスといった農業経営に関する多様で体系的な学び、さらに視野を広げて、「農」を基軸に、社会・地域の課題解決を考えるカリキュラム構成が特徴です。

卒業後のサポートも手厚く、キャリア相談、求人紹介、農地紹介、農機械・ハウスの貸し出し、販路サポートまであるので安心。

また、これまでに2000人を超える卒業生(2021年時点)がおり、卒業後もメルマガや同窓会などで交流する場があるので、農業界で人脈ネットワークを築くのにも役立ちます。

MEMO
私も「アグリイノベーション大学校」の前身「マイファームアカデミー」に半年間通って、農業の基礎を学びました。勉強だけでなく、共通の想いを持った仲間ができたのも大きかったです。

他にもこんな学校

学校 場所 特徴
農(みのり)の学校 兵庫県 アグリイノベーション大学校の姉妹校で、全日制のオーガニック農業学校。移住就農希望者には、丹波市の手厚いサポートがある。
農業実践教室 千葉県 本格的な有機栽培を学べる教室。講義は2週間に1度の開催で通いやすい。
スモールファーマーズカレッジ 京都府 社会人向け週末有機農業学校。週末だけで本格的な野菜栽培の技術・知識を基礎から体系だてて学べる。
アグリガーデンスクール&アカデミー 福岡県 本格的な有機農業を学べるスクール。他に土壌医検定受験コースなどもある。
コンパクト農ライフ塾 オンライン 小さくても機能する、小さくても質が高い、「コンパクト」をキーワードとした次世代型農家の営み方について、超最速で学ぶことのできるオンラインスクール。

就農に役立つ資格

また、新規就農する際に、取得しておくと役立つ資格がいくつかあります。

農家や農業する人に役立つ資格 農家や農業する人に役立つ資格・必要な免許まとめ

中でも日本農業技術検定は、農業系大学や農業大学校の入試優遇、農業法人での優先採用などのメリットもあるため、取得しておいて損はありません。