シンワ測定のデジタル/アナログ土壌酸度計の測定値を比較

シンワ測定のアナログ/デジタル土壌酸度計の測定値を比較

いつもシンワ測定のアナログ式の土壌酸度計(pH測定器)を使っているのですが、デジタル式のものを入手したので測定比較してみたところ、少しの誤差が。

計器の正確性を確認するため、試験液と試験紙で測ったpH値と照らし合わせました。

デジタル/アナログ土壌酸度計の測定値比較

使用するのは、どちらもシンワ測定の土壌酸度計。

  • デジタル式:精度:±pH0.5(表示単位0.5)
  • アナログ式:精度:±pH0.5

どちらも精度±pH0.5とあるため、測定比較で差異が出ることは考えられますが、いざ実測。

正確に測定できるよう、まずは測定箇所に水を撒きます。

pH測定箇所に水をまく

1回目。計器を土に挿して30秒待ちます。

シンワ測定のアナログ/デジタル土壌酸度計の測定値を比較

  • デジタル式:pH6.5
  • アナログ式:pH5.9

少し場所をずらして2回目。

シンワ測定のアナログ/デジタル土壌酸度計の測定値を比較

  • デジタル式:pH6.5
  • アナログ式:pH6.2

次に、どちらの値が正確なのか、試験液/試験紙を使ってpH値を測定します。

試験液/試験紙でpH値をチェック

2回目の測定箇所の土を採取してpH値を測定します。

pH測定液(試験液タイプ)

使用するのは、住友化学園芸の酸度(pH)測定 アースチェック液。

土壌1に対して水道水2の割合で加え、よくかき混ぜます。

pH測定する土壌を採取
土壌に水を入れてかき混ぜる

しばらく待って水が澄んできたら上澄液を2.5cc試験管にとるのですが… 1時間待っても採取できるほどの上澄液ができないので、コーヒーフィルターで濾過しました。

コーヒーフィルターを通して水を濾過
pH測定用の上澄液

ここに試験液を3滴加え、蓋をしてよく振ります。

pH測定液を入れる
pH測定液が反応して色が変わる

土壌酸度(pH)によって色が変わるので添付の比色表で測定します。

住友化学園芸の酸度(pH)測定 アースチェック液の結果

写真で見る色は目視したものと少し違うように見えますが、目視では6.2〜6.3あたりに見えました。

みどりくん(試験紙タイプ)

使用するのは、農大式簡易土壌診断キット みどりくん。

採取箇所の深さ5〜10cmに採土器を差し込んで5ccの土を採取し、容器に入れます。

pH測定用の土壌を採取

市販の精製水を50ccのラインまで加えて、1分間振ります。

精製水を入れて振る

混濁液に試験紙を浸します。

みどりくんの試験紙を浸す

60秒間反応させた後、カラーチャートと見比べて測定します。

農大式簡易土壌診断キット みどりくんでのpH測定結果

見た感じ6.1〜6.2といったところでしょうか。

比較結果

測定結果は次のようになりました。

  • デジタル式:pH6.5
  • アナログ式:pH6.2
  • 試験液:pH6.2〜6.3
  • 試験紙:pH6.1〜6.2

試験液/試験紙で測定した値を基準と考えると、アナログ式の測定器はぴったり正確な値を表示しているようです。

デジタル式のものは、表示が0.5単位であることを考えると、誤差範囲内ではないでしょうか。

どちらも値段がリーズナブルなpH測定器にも関わらず精度の高い値を計測することができるので、家庭菜園や小規模農場などではこれで充分ではないかと思います。

デジタル式は0.5単位の表示になりますが、値が見やすいことの他に、土壌温度、照度、土壌水分、塩分濃度も簡易的に測定することができます。

デジタル式の0.5単位よりも細かく値を測りたいなら、アナログ式の方が良さそうです。この測定器は電池も不要なので一つ持っておくと便利です。(私もメインで使っていきます。)

より信頼性の高い測定をするのであれば、試験液/試験紙タイプとなります。

酸度(pH)測定 アースチェック液は、上澄液を採るのが面倒ですが、45回計測分の測定液がついていて価格もリーズナブル。

みどりくんは、pHと肥料の三要素を測ることができます。20回計測分がついていて値段は少しお高いですが、(簡易的な)土壌診断が目的なら非常にリーズナブルでオススメです。

いずれにせよ、土作りの際はpH測定をした上で、適切な量の石灰を投入することが大切です。

闇雲に石灰を投入していると、作物の生育不良や土が固くなる原因にもなります。また、石灰資材の節約にも繋がりますので、是非お試しあれ。