霧吹きから蓄圧式スプレーに変えたら散布作業が超楽になった「マルハチ 蓄圧式マイスター」

病気や虫に悩まされる夏。

そんな時は自然農薬をシュッシュと振り掛けて対応しているのですが、もっと楽に散布できるよう、蓄圧式のスプレー(噴霧器)を購入しました。

これまでは霧吹きを使ってた

自然農薬とはいえ普段あまり薬剤散布はしないので、これまでは簡易的に霧吹きを利用していました。

こういうガーデニング用途の小さいやつです。

簡易的な霧吹き

が、スプレーを横向けると空振りして出なくなったり、レバーを引く手が疲れてきたりと、散布範囲がそこそこ広くなると、かなり辛いことになります。

で、夏場など病気が発生しやすい時期にコレではやってられんということで、ついに噴霧器を購入。

ホームセンターで物色してるといろんなタイプがあったのですが、電池式は作業途中に電池が切れるとイヤだし、肩掛けタイプは大きさ的に大げさだし、結局、手動蓄圧式のスプレータイプにしました。

蓄圧式スプレーで省力化

購入したのは、「マルハチ 蓄圧式マイスター」というヤツです。

マルハチ 全自動マイスター

サイズは1L/2Lとあり、コレは2Lサイズ。

どんな感じで使えるのかというと、こちらの動画を参考にどうぞ。

連続噴射時間も2〜3分ありそうなので、個人的には充分スペックでした。

また、振り子ホースにより、スプレーを横に向けても噴射が途切れることはありません。

蓄圧式の振り子ホース付

作りも頑丈そうだし、使い勝手も期待以上。良い買い物でした。

値段も1000円程度と手頃価格なので、毎回レバーをシュッシュとするのが疲れる(。´-д-) 横にすると出なくてイライラするヽ(`Д´#)ノ ・・・そんな場合は是非お試しあれ。

このページをシェアする