ダイコンハムシ(ダイコンサルハムシ)の特徴と対策・予防法

葉を食害して穴だらけにしてしまう害虫「ダイコンハムシ(ダイコンサルハムシ)」。

ダイコンハムシ被害の特徴と、対策・予防法をまとめています。

ダイコンハムシ(ダイコンサルハムシ)の特徴

ダイコンハムシ(ダイコンサルハムシ)の幼虫

ダイコンハムシが発生しやすい野菜
キャベツダイコンチンゲンサイハクサイ、ミズナ、ミブナ、など

ハムシ(葉虫)の中で、ダイコンやハクサイ、キャベツなどアブラナ科の野菜に現れるものがダイコンハムシ(ダイコンサルハムシ)です。

成虫・幼虫ともに食害し、葉を穴だらけにします。

ダイコンハムシの幼虫は濃褐色~黒色で体長7mmほど、成虫は丸い形をした黒色の甲虫で体長4mmほど。

ダイコンハムシ被害の様子

写真は、ダイコンハムシの成虫に食害されたダイコン。

ダイコンハムシの成虫
ダイコンハムシに食害されたダイコン

写真は、ダイコンハムシの幼虫に食害されて穴だらけになったハクサイ。

ハクサイを食害するダイコンハムシの幼虫
ダイコンハムシの幼虫に食害されて穴だらけになったハクサイ

写真は順に、ミブナの葉を食害しているダイコンハムシの幼虫、成虫。

ミブナを食害するダイコンハムシの幼虫
ミブナを食害するダイコンハムシの成虫

写真は順に、チンゲンサイ、ミズナの葉を食害しているダイコンハムシの幼虫。

チンゲンサイを食害するダイコンハムシの幼虫
ミズナを食害するダイコンハムシの幼虫

ダイコンハムシの対策・予防法

対策

成虫は見つけしだい手で捕まえて駆除します。(が、触るとポロリと落ちるため正直難しい)

多発すると完全な駆除は難しいため、被害を確認したら早期に防除し、次の発生源を絶つことが大切です。

農薬(殺虫剤)を使う場合は、「ベニカS乳剤」などが有効です。速効性と持続性があり、害虫を効果的に退治します。

予防法

予防法としては、繁殖力が強いため、何よりも最初の飛来を防ぐのが肝心です。

害虫の飛来防止に銀色の光反射テープを張る

成虫は反射光を嫌うので、シルバーマルチを敷いたり、銀色の光反射テープを周囲に張ったりすると効果的です。