チンゲン菜(F1チンゲンサイ)の栽培記録【2013年春作】

2013年春作で栽培した「チンゲン菜(F1チンゲンサイ)」の栽培記録です。

3月12日:土作り

  • 堆肥:なし
  • 肥料:なし
  • 土壌改良:くん炭
  • pH:6.8
くん炭の投入
チンゲンサイ栽培用地の準備

3月19日:播種

品種:F1チンゲンサイ(国華園)

被せる土は、うちの特製。
播種後は稲わらマルチ。

F1チンゲンサイ(国華園)の種
F1チンゲンサイ(国華園)の種
チンゲンサイの種まき
種まき後の覆土
種まき後の稲わらマルチ

3月26日:発芽

発芽を確認。

霜よけ・保温目的で、空間確保・空気穴つきのナイロンマルチに変更。

次回は、稲わらマルチを継続、もしくは、播種時から不織布を試す。

チンゲンサイの発芽
発芽後のビニールマルチ

4月2日

芽がある程度大きくなったので、ナイロンマルチ⇛稲わらに戻した。

稲わらは、芽の間に敷き詰め、芽にはフワリと掛ける程度。(まだ霜の恐れあるので)

稲わらでなく、不織布が楽ちんかも。

チンゲンサイの芽
稲わらマルチ

4月9日

2本に間引き。

チンゲンサイの間引き

4月18日:追肥

1本ずつに間引き。

追肥:米ぬかボカシ肥 ※片側1列のみ

チンゲンサイの追肥
チンゲンサイの追肥

4月29日:追肥

生育が悪いので、追肥2回目(米ぬかボカシ肥) ※片側1列のみ

チンゲンサイの追肥
チンゲンサイの追肥

追肥の写真は、ほうれん草。分量は同じ。

5月5日:追肥

ダメもとで液肥投入。(水5リットル:液肥5mリットル)

液肥

5月8日

アブラムシ、青虫による虫食いが目立つので、手で取り除いた。
次は不織布か防虫ネットで対策必須。

チンゲンサイにアブラムシ
チンゲンサイに虫食い

5月14日:収穫

とうが立ってしまったので、かなり小ぶりだが、やむなく収穫。

小ぶりになった原因は、元肥不足(窒素)。
低温トリガーで花芽形成なので、播種が早かったのかもしれない。

また、青虫、アブラムシの被害大。
次は防虫ネット/不織布、有機防虫(トウガラシ、ニームなど)を試す。

チンゲンサイがとう立ち
チンゲンサイにアオムシ
チンゲンサイに虫食い
収穫したチンゲンサイ

チンゲンサイの栽培方法はコチラに纏めています