じゃがいも(キタアカリ、アンデスレッド)の栽培記録【2013年春作】

2013年春作で栽培した「じゃがいも(キタアカリ、アンデスレッド)」の栽培記録です。

じゃがいもの栽培方法はコチラのページにまとめています

2月24日:種芋準備

じゃがいもを切って1週間ほど乾かす。

種芋
種芋

本来は、ウイルス性の病気に感染している可能性があるため、毎回、消毒済みの種芋を購入する方が良い。

今回は、これまでのうちのやり方に従って、前回収穫したものを種芋にした。

2月28日:土作り

  • 堆肥:なし
  • 肥料:なし
  • pH:6.5
ジャガイモ植え付け用地

3月3日:植え付け

品種:「キタアカリ」「アンデスレッド」。

30cm間隔で10cm深さの穴を掘り、切口を下に置く。
ナイロンマルチで霜よけ。

詳細 → じゃがいもの植え付け

ジャガイモの種芋
じゃがいもの植え付け
じゃがいもの植え付け
じゃがいもの植え付け

3月19日:発芽

発芽確認。

ナイロンマルチだと、芽がナイロンの熱にやられるので、稲わらマルチに変更。

次回は、最初から稲わらマルチ、もしくは、ナイロンマルチのままで、芽が出たら手探りでマルチに穴あけ。

ジャガイモ発芽
稲わらマルチ

4月2日:間引き

2本だけ芽を残して間引く。

茶色の芽は、霜でやられたもの。
4月いっぱいは霜の危険があるので、稲わらを芽の上にも軽くかけておく。

じゃがいも間引き
じゃがいも間引き

4月4日

種芋7個中1個が腐っていた。

赤じゃが「アンデスレッド」を植え付け直した。

種芋が腐ってた

5月5日:追肥

追肥。

株間に米ぬかボカシ肥(こぶし大)。

追肥

5月14日

病気っぽい苗を撤去。
やはり購入した種芋ではないので、病気発生率が高いのかもしれない。

じゃがいもの肥大期なので、カリ成分を追肥して土寄せした。

  • 追肥:片側一筋(手前)に草木灰。
  • 土寄せ:残さ等を焼却した土を追加で入れた。
ジャガイモ栽培
じゃがいも追肥
じゃがいも追肥

5月21日

花が咲き出した。

花に栄養がいってしまうので、見つけたら花は除去。

じゃがいも開花

6月23日:収穫

じゃがいもは、葉が黄色くなって萎れているものが収穫適期。

まずは、キタアカリ。

葉が黄色く萎れていることから、収穫時期だと思われる。

葉があまり大きくないが、そこそこの大きさの芋が入っていた。

じゃがいも枯れた
キタアカリの収穫
キタアカリの中身

次いで、アンデスレッド。

キタアカリに比べて、葉が大きく育ち、上にピンと立っている状態。

収穫が遅れて芽が出ても困るので、このタイミングで収穫したが、やはり芋はまだ小さかった。

アンデスレッドの収穫
アンデスレッドの収穫
アンデスレッドの収穫
アンデスレッドの中身

早速、アンデスレッドの新じゃがを試食。

この品種はホクホク系で煮崩れしやすいとのことで、ブタ肉を加えて甘辛炒めに。

新じゃがの甘辛いため

甘さもあって、ホクホクして、なかなか美味しかったです。

種芋について

今回、種芋7個の内、3個が生育不良や病気のために除去した。

使った種芋は、検定イモではなく、うちで採れたじゃがいも。そのため、ウイルス病などが原因であった可能性が高いと思う。

これを機に、今後うちで栽培するじゃがいもは、消毒済みの検定イモのみにする予定。

じゃがいもの栽培方法はコチラのページにまとめています