ニンニクの栽培方法・育て方のコツ

ニンニク栽培

家庭菜園の初心者の方向けに、ニンニクの栽培方法を写真とイラスト付きでまとめています。

ニンニク栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツ、発生しやすい病害虫と対策など。

ニンニク栽培の特徴

種類 科目 好適土壌pH 連作障害
ニンニク ネギ科 5.5〜6.0 連作可能

病害虫の心配も少なく、手間を掛けなくても育ってくれるニンニク。

風味と香りが立つ大きな球を育てるには、秋の肥沃な土作りとタイミングのよい追肥がポイントです。

長期保存もできるので、大量に栽培して保存しておくと便利です。

栽培のポイント

  • 雑草を抑えるために、マルチをかけて植え付けると管理がラク
  • 越冬前と春先の2回の追肥を行う

ニンニクの栽培時期

ニンニクの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

秋に植え付け、春先に葉が伸びる頃ニンニクの根塊も成長し、5月下旬から6月頃が収穫時期です。

ニンニクの栽培時期・栽培スケジュール

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

ニンニクの栽培方法

ニンニクの栽培方法は、次のような流れになります。

種球の準備

ニンニクの種球

ニンニクの種球は、8月頃になると種苗店やホームセンターで販売されます。

土作り

植えつけ3週間前までには、元肥と堆肥を入れて十分に耕しておきます。

株間15cm、畝幅60cmほどを確保して畝を立てておきます。

その際、マルチングしておくと雑草抑制になり、後々の管理に手間が掛かりません。

pHは5.5〜6.0が目安です。

肥料

冬越しで栽培するニンニクは、肥料分を多めに施し肥沃な土を作っておきます。

肥料には「ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

植え付け

ニンニクの表皮を剥がして、種球を1片ずつに分けます。ばらした分球を包んでいる薄皮は、むかずにそのままにしておきます。

最近では、薄皮をむいて植え付ける栽培方法も行われています。大きくて揃いの良い球ができるようなので、次回試してみます。

干からびたり、カビが生えたり、病斑があるものは避けましょう。種球がウイルスに感染していると、葉がよじれて伸びない「モザイク病」になってしまいます。

ニンニクの種球
ニンニクの種球を1片に分ける

株間15cmで、深さ5cmほどの穴をあけ、芽(尖った方)を上にして1片ずつ植えつけます。

ニンニクの尖った方を上にして植えつけ
ニンニクの植えつけ

植え付けた後は、たっぷりと水をやります。

連作障害・コンパニオンプランツ

ニンニクは連作障害が出にくいため、同じ場所での連作が可能です。

また、ニンニクには「青枯病」や「立枯病」などの病原菌を抑える微生物が共生しているため、コンパニオンプランツとしての利用もオススメです。

芽かき

ニンニクの株
ニンニクのわき芽かき

植え付け後30日ほどで、発芽します。

草丈10cm〜15cmの頃、1株から2本の芽が出ていたら、勢いの弱い方の芽をかき取って1本にします。

一緒に抜けてしまわないように、残す方の芽の生え際をしっかり押さえてかき取るようにします。

追肥

ニンニクの追肥1回目
ニンニクの追肥2回目

秋に植え付けてから、収穫までに2回の追肥を行います。

1回目の追肥は12月頃、株元にボカシ肥や鶏ふんをまきます。

2回目の追肥は春先の3月〜4月頃、1回目と同様に追肥します。

越冬前の追肥が肝心

光合成によって葉で作られる養分が、冬の間に根と茎に蓄えられ、春になって鱗茎に転流されるので、越冬前に地上部を十分に生育させておく必要があります。そのために、追肥をしっかりと行っておくことが大切です。

花芽は摘み取る

春になると葉が伸び出します。

花芽が出てきたら早めに摘み取るようにします。放っておくと球が太らず、株が早く枯れてしまいます。

摘み取った花芽は「芽ニンニク」として食べられます。

収穫

ニンニクは、球が熟成するとふたたび休眠に入って生育を止めます。下葉が黄変し始めたら休眠に入ったサイン。

収穫適期は、5月中旬から6月頃、地上部の葉が全体の8割ほど枯れたら収穫します。

茎葉が生長したニンニク
葉が枯れた頃がニンニク収穫期

株元の茎を手で握り、真上に引き抜いて収穫します。

簡単に抜けない場合は、まだ根が生長している証拠。球はもう少し大きくなるので様子を見ましょう。

また、土が湿っているときに収穫すると、保存中の球が傷みやすいので、2〜3日晴天が続いたときに収穫しましょう。

収穫したニンニク
収穫したニンニクは数日乾かす

収穫後、2〜3日ほど畑や軒下に並べて乾かしておきます。

尚、収穫が早過ぎると球の肥大化が十分でなく、また、とり遅れると球割れが発生するので、適期を逃さないようにしましょう。

貯蔵

縛ったニンニクを吊るして貯蔵

茎が乾燥したら葉と根を切り落とし、3、4個ずつ茎のつけ根をヒモで縛って束ねます。さらに2束ずつヒモで縛って吊るせるようにします。

風通しがよく、雨と直射日光が当たらない軒下などに吊るしておくと、長期保存ができます。

尚、あまり長くおくと休眠から覚めてしまうので、芽が出る前に食べてしまうか、スライスと冷凍保存しておくと良いです。

発生しやすい病害虫

ニンニクに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。

病気

さび病

オレンジ色の楕円形で、やや膨らんだ小さな斑点ができます。

⇛ さび病の症状と対策・予防法

モザイク病

モザイク病に掛かったニンニク

葉脈に沿った緑色濃淡のモザイク模様が現れ、葉に萎縮・ねじれが生じます。

原因ウイルスをアブラムシが媒介したり、種球がすでに感染している場合があります。

⇛ ウイルス・モザイク病の症状と対策・予防法

害虫

ネギアブラムシ

体長1.8〜2mm、黒色で小さな虫が葉に群がって、吸汁加害します。

⇛ アブラムシの特徴と対策・予防法