ゴーヤ(ニガウリ)の栽培方法・育て方のコツ

ゴーヤ(ニガウリ)栽培

家庭菜園の初心者の方向けに、ゴーヤ(ニガウリ)の栽培方法を写真とイラスト付きでまとめています。

ゴーヤ栽培の特徴、栽培時期、栽培手順・育て方のコツ、発生しやすい病害虫と対策など。

ゴーヤ栽培の特徴

種類 科目 好適土壌pH 連作障害
ゴーヤ ウリ科 5.5〜6.5 あり:輪作年限2〜3年

沖縄地方の代表野菜ゴーヤ(ニガウリ)は、苗作りのときの温度に気をつければ、南の地方でなくても簡単に栽培できます。

真夏の日差しを遮るためのグリーンカーテンとしても活躍。

ゴーヤチャンプルのような炒めものだけでなく、天ぷらや揚げもの、サラダにしても美味しく食べられます。

栽培のポイント

  • 苗作りは暖かい環境で行い、気温が高くなってから畑に定植する
  • つるが伸びるので、支柱が高さがあるものを、風にあおられないようにしっかり立てる

ゴーヤの栽培時期

ゴーヤの栽培時期・栽培スケジュールは次のようになります。

4月頃にポットに種をまいて育苗し、5月中旬頃に畑に定植、真夏〜9月いっぱいまで収穫できます。

ゴーヤの栽培時期・栽培スケジュー

上記は目安です。地域や品種により異なるので参考程度として下さい。

ゴーヤの栽培方法

ゴーヤの栽培方法は、次のような流れになります。

種まき・育苗

ゴーヤの種
ゴーヤの種まき
ゴーヤの種に傷をつける
ゴーヤの苗
育苗

ゴーヤの種は、種皮が固くて発芽しにくいため、ペンチや爪切りなどで皮の一部を傷つけ、吸水しやすくします。そして種を布に包み、一晩水に浸けて休眠打破しておきます。(種の中には大事な胚があるため、種皮以外は傷つけないように注意

ポットに3粒ずつ、種を指の第一関節の深さまで押し込んで種をまきます。

軽く土をかけ、たっぷりと水をやります。

ポット苗は、ビニール温室などの暖かい環境で育苗します。

⇛ 庭やベランダで作る簡易な育苗ハウス・ビニール温室

発芽したら、本葉2枚の頃に間引いて1本立ちにし、本葉5〜6枚までポットで育てます。

土作り

植え付け3週間前までに、堆肥、元肥を入れて耕しておき、株間90cm,畝幅90cmで畝を立てておきます。

pHは5.5〜6.5が目安です。

肥料

ゴーヤは継続的に肥料を必要としますが、与え過ぎると葉ばかりが茂って花芽が付かなくなるため、施肥量はほどほどに。

肥料は「ボカシ肥」や「マイガーデンベジフル」のようなバランスのとれた配合肥料がオススメです。

植え付け

定植時期のゴーヤ苗
ゴーヤ苗の植え付け、仮支柱

本葉が5〜6枚出たら畑に定植します。株間90cmほど。つるの先が風で傷まないよう、仮支柱を立てて誘引しておきます。

定植の前にポットごと水につけて吸水させておくか、定植後たっぷりと水をやります。

晴天の暖かい日の午前中に植え付けると、活着がよくなります。

連作障害・コンパニオンプランツ

ゴーヤは、連作障害を避けるために、同じ場所での栽培間隔を2〜3年あけるようにします。

また、コンパニオンプランツとして、ニラやネギを一緒に植えるのがオススメです。植え穴の底に、ニラ/ネギを両側から敷くように置き、その上にゴーヤの苗を植え付けます。

双方の根圏に棲む微生物が、それぞれに老廃物を分解し合うので、ともに根が活性化され、生育が促進されるとともに、土壌病害が出にくくなる効果が得られます。

支柱立て・誘引

ゴーヤ誘引のための直立型支柱とネット
ゴーヤのつるをネットに誘引

定植から2週間くらいで、支柱を立ててネット(キュウリネット)を掛けます。

はじめのうちはツルが細く株元に絡み込んでしまうため、ヒモで誘引してやります。

その後は巻きヒゲを伸ばしてどんどん生育するので、放任で構いません。(葉があまり重ならないように適時誘引してやりましょう)

ちなみに、気温が高くなるとともに、どんどん成長し、ゆうに3m以上の高さになります。(写真は3株でこの大きさ)

3m以上の高さに生長したゴーヤ

また、ネットからツルが飛び出してブラブラすると樹が弱るので、飛び出したツルの先端は摘心しておきましょう。

追肥

植え付けから20日ほどしたら、1回目の追肥を施します。

その後も生育状況を見て、3週間に1回のペースで追肥をします。

1回目は株元に、2回目は畝の肩に施す、というように根の成長に合わせて追肥の場所を変えてやります。

受粉・結実

ゴーヤの雄花
ゴーヤの雌花
ゴーヤ受粉して結実

ゴーヤは、同じ株に雄花と雌花がつき、自然に受粉して結実します。

実付きが悪い場合は、朝のうちに雄しべの花粉を雌しべにこすりつけて、人工授粉させると確実です。

収穫

収穫期のゴーヤ
ゴーヤの収穫

開花から15〜20日くらい、イボイボが盛り上がり、ツヤがある成熟直前のもを収穫します。

ツルを傷めないように、ハサミで切り取って収穫しましょう。

尚、採り遅れると、次の写真のように黄色くなって、いづれ果皮が裂けてしまいます。また、株が疲れる原因になるため、種とりで残す以外は、若採りを心掛けましょう。

種とり

種とり用に完熟してオレンジ色になったゴーヤ
熟したゴーヤの中
熟したゴーヤから種とり

実を株につけたままにしておくと、完熟して黄色くなり種をとることができます。

フカフカに柔らかくなった実を剥がして、種のまわりの赤い果肉を水洗いし、干して乾燥させてから保存するれば、次の種まきに使うことができます。

ちなみに、完熟したゴーヤは苦味が消え、特に種のまわりの赤いゼリーは同じウリ科のメロンのように、甘くて美味しいのでお試しあれ。

発生しやすい病害虫

ゴーヤに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。

病気

うどんこ病

葉の表面に、薄く白い粉状のカビが発生します。

⇛ うどんこ病の症状と対策・予防法

炭疽病(たんそびょう)

葉、茎、果実に発生し、葉では水浸状の斑点が灰褐色、灰白色になり、同心輪紋状になります。

⇛ 炭疽病の症状と対策・予防法

害虫

ワタアブラムシ

体長1.5mmほどで緑色の小さな虫が、葉裏に群生して吸汁加害します。

⇛ アブラムシの特徴と対策・予防法

オオタバコガ

暗緑色〜茶褐色のイモムシ状の幼虫が、蕾や果実を食害します。

⇛ タバコガ類の特徴と対策・予防法

ハスモンヨトウ

ハスモンヨトウ(ヨトウムシ)

茶色でイモムシ状の幼虫が葉を食害します。

⇛ ヨトウムシの特徴と対策・予防法