オオタバコガ

タバコガ類の特徴と対策・予防法

オオタバコガ

トマトなどの果実に穴をあけて食害する「タバコガ」類。

タバコガ類による被害の特徴と、対策・予防法をまとめています。

タバコガ類の特徴

オオタバコガ・タバコガが発生しやすい野菜
オクラキャベツゴーヤトウモロコシトマトナスピーマン・パプリカレタス、など

タバコガ類(蛾の一種)の幼虫が、茎や果実に潜り込んで食害します。

幼虫は、体長20〜40mm、緑色から淡いオレンジ色をしたイモムシ状の幼虫。ナス科植物につくのが「タバコガ」で、幅広い植物につく「オオタバコガ」です。

6月〜8月頃、成虫が夜間に飛来して卵を産みつけ、孵化した幼虫が食害。

小さいうちは新芽ややわらかい葉を食べ、大きくなると茎や実に穴をあけて入り込みます。

タバコガ被害の様子

次の写真は、トマトが食害されている様子。

果実に穴があいており、穴の近くに糞があります。中を見るとオオタバコガが侵入・食い荒らしていました。

オオタバコガに食害されたトマト
オオタバコガ被害にあったトマト
トマトの中を食害するオオタバコガ
オオタバコガ

こちらは、ピーマンの果実を食害するタバコガ。

ピーマンを食害するタバコガ

レタスの葉の間にいたオオタバコガ。

オオタバコガの幼虫

タバコガ類の対策・予防法

対策

見つけしだい手で捕まえて駆除します。

天然成分で有機農産物栽培(有機JAS)にも使える殺虫剤「STゼンターリ顆粒水和剤」も有効です。天然微生物(B.t.菌)が作る有効成分が、チョウ目害虫に効果をあらわします。

但し、果実の中に侵入してしまった幼虫は薬剤では対応できません。

穴のあいている果実を見つけたら、切り裂いて幼虫を取り出し、駆除します。

また、茎葉の先端に産卵するので、卵を見つけたら潰すか葉ごと処分しておきましょう。

予防法

防虫ネットで覆い産卵防止

タバコガの被害を防ぐのであれば、成虫が産卵できないようにします。

株のまわりに支柱を立て、防虫ネットで全体を覆って育てると効果的です。

主な原因は多肥

肥料が効きすぎていると、タバコガの被害は急増します。

これは、親である蛾が、幼虫が食べやすいような実がなっている株を選んで産卵するため。

タバコガに果実の4割も被害を受けたというのなら、肥料の与えすぎが原因です。

また、アマガエルやカマキリなどの天敵も棲みつく、多様な生物がいる環境をつくることも大切です。