ハダニの特徴と対策・予防法

小さくて姿は見えないが、葉を吸汁する害虫「ハダニ」。

ハダニ被害の特徴と、対策・予防法をまとめています。

ハダニの特徴

ハダニが発生しやすい野菜
キュウリ、サトイモ、シソ、スイカ、ホウレンソウ、メロン、など

クモの仲間で体長0.5mmと小さく、肉眼では確認するのが難しい「ハダニ」。

葉裏に寄生して吸汁加害されることで、葉が白く退色したようになり、光合成ができずに葉が落ちたり、枯れてしまいます。

被害がひどい場合は、葉の先端にたくさん寄生してクモの巣状態になることもあります。

また、植物寄生性のダニにはハダニ類以外にも、フシダニ類、ホコリダニ類、コナダニ類などがあります。

ホコリダニが発生しやすい野菜
シシトウ・トウガラシ、シソ、ナスピーマン・パプリカ、など

ハダニの対策・予防法

対策

ハダニは葉裏に寄生しているため、粘着テープなどで貼り付けて取り除きます。

薬剤散布であれば、天然物(ヤシ油)由来の成分で有機農産物栽培(有機JAS)にも使える殺虫殺菌剤「アーリーセーフ」も有効です。(ホコリダニにも効きます)

また、ハダニは薬剤に対する抵抗性が付きやすいため、天敵(チリカブリダニ)を利用した「生物的防除」の開発も進んでいます。

予防法

ハダニは他の植物などから風にのって次々とやってくるため、完全に防除することは難しいです。

しかし、ハダニは水に弱いため、雨の当たる場所で栽培することや、定期的に葉裏に散水することで数を減らすことはできます。