うどんこ病

うどんこ病の症状と対策・予防法

うどんこ病

葉の表面に白い粉のようなカビが生える病気「うどんこ病」。

その症状と発生原因、対策・予防法をまとめています。

うどんこ病の症状

うどんこ病が発生しやすい野菜
オクラカボチャキュウリゴーヤ、スイカ、ズッキーニトマトナスニンジン、など

多くの植物の葉や茎に、白い粉のようなカビが生える病気。

うどん粉を振りかけたような見た目から「うどんこ病」と呼ばれます。

葉や茎が奇形になることもあり、ひどいと黄色くなって枯れてしまいます。

この病原菌は主に植物の表面で繁殖するため、初期の状態から発見しやすい病気です。

主な原因と伝染経路

糸状菌(カビ)の胞子が風で運ばれて、草花や野菜など多くの植物に発生します。

多くの糸状菌の病気が多湿で発生しやすいのに対し、うどんこ病の菌は、湿度が低く乾燥気味のときに発生しやすいのが特徴です。

うどんこ病の様子

カボチャに発生した「うどんこ病」
ズッキーニに発生した「うどんこ病」

写真は順に、カボチャ、ズッキーニの葉に発生したうどんこ病の様子。

初期症状のうちに発見、除去できましたが、放置しておくと、葉の表面全体が真っ白になるほど繁殖してしまいます。

うどんこ病の対策・予防法

対策

胞子が風によって運ばれ伝染するため、発病した葉は切り取って早めに処分します。

治療薬には、有機農産物栽培(有機JAS)にも使える殺菌剤「カリグリーン」が効果的です。炭酸水素カリウムを主成分としているので、散布後、副次的にカリ肥料にもなります。

予防法

乾燥が続くときは適宜水やりをすることと、日当たりをよくすることが大切です。

密植を避け、繁茂しすぎたつるや葉は間引いて風通しの良い環境を作りましょう。