フタトガリコヤガの幼虫

ヤガ類の特徴と対策・予防法

フタトガリコヤガの幼虫

葉を食害する毛虫状の幼虫「ヤガ」類。

ヤガ類による被害の特徴と、対策・予防法をまとめています。

ヤガ類の特徴

ヤガが発生しやすい野菜
エダマメオクラキャベツサツマイモニンジンブロッコリー、など

体長35〜40mmほど、シャクトリムシのように歩く毛虫状の幼虫が、葉を食害します。

ヤガ類は蛾の一種で、その種類は1000種類を超えます。体の模様や斑点、筋がある/ないなど様々。

被害は夏〜秋に多く、個体数が少ないので大きな被害にはなりませんが、種類によっては大食のものもあり注意が必要です。

ヤガ類の被害の様子

次の写真は、オクラの葉を食害する「フタトガリコヤガ」。体長35〜40mm、緑の体色に黄色の縦線、黒斑点が特徴です。

オクラについたフタトガリコヤガ

ヤガ類の対策・予防法

対策

幼虫は見つけしだい駆除します。

また、天然成分で有機農産物栽培(有機JAS)にも使える殺虫剤「STゼンターリ顆粒水和剤」も有効です。天然微生物(B.t.菌)が作る有効成分が、チョウ目害虫に効果をあらわします。

予防法

防虫ネットをかけて成虫の産卵を防ぎます。