立枯病(たちがれびょう)の症状と対策・予防法

病斑が全体に広がり、立ち枯れ状態となる病気「立枯病(たちがれびょう)」。

その症状と発生原因、対策・予防法をまとめています。

立枯病の症状

立枯病が発生しやすい野菜
エダマメサツマイモホウレンソウ、ミズナ、ミブナ、など

葉、茎や花に病斑が現れ、やがて褐色になって腐敗・枯れてしまいます。

病気の進行が著しいときは、全身に腐敗病斑が広がり、立ち枯れ状態となります。

主な原因と伝染経路

病原菌は糸状菌(カビ)の一種。

土壌中の被害植物の遺体や、被害株の植物内部で越冬し、春になると菌核が発芽して、胞子が飛び散って伝播します。

立枯病の対策・予防法

対策

被害部はなるべく早く切除し、枯れ落ちた葉や蕾も拾い集めて焼却処分します。

また、農薬を使う場合は「ダコニール1000」などが有効です。広範囲の病気に防除効果をあらわす総合殺菌剤なので、1つあれば何かと便利です。

予防法

土壌のpH値が高いと病気の発生が助長されるため、石灰の多施用は控えます。

⇛ 土壌の酸性度(pH)と測定・調整方法について

また、コンパニオンプランツとしてニンニクやネギを一緒に植えることで、ネギ科植物の根に共生する拮抗菌が「立枯病」の病原菌を抑える効果があります。

⇛ コンパニオンプランツの組み合わせと効果