ドウガネブイブイの幼虫

コガネムシ類の特徴と対策・予防法

ドウガネブイブイの幼虫

成虫は葉を食害、幼虫は地中で根を食害する「コガネムシ」類。

コガネムシ類による被害の特徴と、対策・予防法をまとめています。

コガネムシ類の特徴

コガネムシが発生しやすい野菜
イチゴ、エダマメ、サツマイモ、など

葉を食い荒らし、幼虫は地中で根を食害して苗木や幼木を枯れさせる「コガネムシ」。

さまざまな植物を食害しますが、マメコガネはマメ科の花や葉を、ドウガネブイブイは果樹などの樹木の葉を好んで食べます。

幼虫は地中に生息していて、主として植物の根を食害。特にイチゴやサツマイモで被害が大きくなります。

ドウガネブイブイの幼虫

写真は、サツマイモを植えている地中に生息していた「ドウガネブイブイ」の幼虫。サイズも大きく、一見するとカブトムシやクワガタムシの幼虫に似ています。

ドウガネブイブイの幼虫

コガネムシ類の対策・予防法

対策

成虫は見つけしだい手で捕まえて駆除します。

予防法

畑を耕すときに幼虫がいないことを確認します。

また、腐葉土や堆肥の中に成虫が飛来して卵を産みつけるので、有機質肥料を多用すると発生しやすくなります。

農薬(殺虫剤)を使う場合は、苗の植え付け前に「ダイアジノン」を土に混和させておくことで、コガネムシの幼虫を退治し、食害から守ることができます。