黒腐病(くろぐされびょう)の症状と対策・予防法

葉の縁がV字型に黄色くなる病気「黒腐病(くろぐされびょう)」。

その症状と発生原因、対策・予防法をまとめています。

黒腐病の症状

黒腐病が発生しやすい野菜
キャベツダイコンハクサイ、など

黒腐病は、アブラナ科野菜に多く見られる病気です。

葉の縁がV字型に黄変し、葉脈が褐色または紫黒色に変化。やがて拡大し乾燥して破れやすくなります。(病斑は名前のイメージと異なり、腐敗したような状態ではありません。)

春や秋の雨の多い時に発生しやすい傾向にあります。

主な原因と伝染経路

病原菌は、細菌の一種。

土壌中や被害組織の中で越冬し、害虫の食害による傷口や、葉縁にある水孔から侵入します。

また、汚染された種子から伝染する場合もあります。

黒腐病の対策・予防法

対策

発病株は株ごと抜き取って焼却処分します。

予防法

黒腐病に掛かりやすいアブラナ科野菜の連作は避けるようにします。

また、害虫の食害痕からも病原菌は侵入するので、害虫の駆除をしっかりと行うことが予防に繋がります。

品種による差があるため、耐病性のある品種を利用すると安心です。