炭疽病(炭そ病・たんそびょう)

炭疽病(たんそびょう)の症状と対策・予防法

炭疽病(炭そ病・たんそびょう)

葉に灰色〜淡黄色の病斑ができ、やがて葉枯れ状態になる病気「炭疽病(たんそびょう)」。

その症状と発生原因、対策・予防法をまとめています。

炭疽病(たんそびょう)の症状

炭疽病が発生しやすい野菜
コマツナゴーヤ、スイカ、ホウレンソウ、など

主に葉に発生し、まず水浸状の小さな斑点ができて、やがて拡大して灰色〜淡黄色の病斑になり、その中心に黒い小さな粒が発生します。

やがて腐敗して破れ、葉に穴があいたり、葉枯れ状態となります。

主な原因と伝染経路

病原菌は糸状菌(カビ)の一種。

斑点の上に生じた黒粒点が胞子のもとで、雨や風などで運ばれて伝染します。

炭疽病の様子

ホウレンソウに発生した炭疽病(たんそびょう)

写真は、ホウレンソウの葉に発生した炭疽病の様子。

葉に褐色の病斑があり、腐敗して葉に穴があいていることがわかります。

炭疽病(たんそびょう)の対策・予防法

対策

胞子が飛び散って伝染するため、発病した葉などは除去して処分します。

また、農薬を使う場合は「GFベンレート水和剤」などがあります。予防効果と治療効果を兼ね備えており、広範囲のかび性の病気に効果があります。

予防法

高温多湿で発生しやすいので、畑の水はけをよくし、密植を避け、繁茂しすぎたつるや葉は間引いて、風通しや日当たりの良い環境を作ることが大切です。

下葉への雨水による泥はねを防ぐため、マルチや雨よけをするのも効果があります。