用語集

野菜栽培に関する用語集

野菜の栽培・ガーデニング等で用いられる用語集です。

随時、追記していきます。

農業に関する用語集はコチラ

野菜栽培に関する用語

名前から探す

ア行

アレロパシー物質

ある植物が他の植物の生長を抑えるために放出する物質(アレロケミカル)。

雑草のセイダカアワダチソウは、根からアレロパシー物質を出して勢力を拡大する。

EC

EC(電気伝導度)とは、土壌中にある物質のイオン濃度の総量。

チッ素などの肥料成分はイオン化された状態で植物に吸収されるため、ECは土壌中の養分(肥料分)の多さを表す。

ウイルスフリー苗

ウイルスに感染しにくい植物の芽の先端部分を培養させて作った、ウイルスに感染していない苗。

作物本来の能力を発揮し、高品質・多収穫に繋がる。

栄養成長・生殖成長

  • 栄養成長・・・自らの体を作る個体維持のための成長(葉茎や根の成長)
  • 生殖成長・・・子孫を残す種族維持のための成長(花芽形成・開花・結実)

F1種子

異なる性質の2つの原種を交配してできた種子で、両親よりも優れた性質を有する。

尚、F1種子から採った種子を利用しても品種の特性は発現しない。そのため、毎年種子を購入する必要がある。

カ行

感光性

一定期間連続する1日の長さによって、植物が栄養成長から生殖成長へ転換する性質のこと。

好光性種子/嫌光性種子

「好光性種子」は、種が発芽するときに光があった方が発芽が促進される種。そのため、種まきの際の覆土は薄くする。

反対に光に当たると発芽が抑制される種を「嫌光性種子」と呼ぶ。

好光性種子:イチゴ、インゲン、コマツナ、シソ、シュンギク、セロリ、ニンジン、ミツバ、レタス、など

嫌光性種子:カボチャキュウリ、スイカ、ダイコンダイズタマネギトマトナスニラネギピーマン、マクワウリ、など

サ行

CEC

CEC(塩基置換容量)は、土が肥料を吸着できる能力(保肥力)のこと。

土壌はマイナスイオン、肥料の成分(NH4+、Ca2+、Mg2+など)はプラスイオンに覆われているので、土壌は成分を吸着して蓄える。

この吸着できる最大量がCEC(塩基置換容量)。

C/N比

C/N比(炭素率)とは、有機物などに含まれている炭素(C)量と窒素(N)量の比率。

ある有機物に炭素100g、窒素10gが含まれている場合、この有機物のC/N比は10となる。

C/N比が小さいほど窒素を多く含んでおり、肥効の即効性が高い。

C/N比の参考:
バーク(樹皮): 100〜1300 〜 イネわら:60 〜 米ぬか:23 〜 牛糞:16 〜 鶏糞:7

春化(しゅんか・バーナリゼーション)

植物が冬の低温状況に一定期間さらされることで、花芽分化して開花が促進されること。

タ行

単為結果

受精しなくても果実ができること。この場合、種はできない。

自然界ではバナナやパイナップルなどで起こり、また、種なしブドウは人工的に誘発したもの。

団粒構造

個々の土壌粒子が集合して団粒をつくっているもの。

通気性、排水性、保水性にすぐれ,土壌生物の活動も盛んで,植物生育に好ましい土の状態。

⇛ 野菜を育てるための土作り

窒素飢餓

作物の生育障害の一つ。

植物の生育に必要な窒素が少ない状況で、有機物を与えすぎることにより生じる。(微生物が大量の窒素を消費してしまい、植物の生育に必要な窒素が不足する。)

C/N比が高い程、窒素飢餓が発生しやすい。

長日植物・短日植物

長日植物(ちょうじつしょくぶつ)とは、ある限界の時間よりも日長が長くなると花芽形成や開花が促進される植物。

短日植物(たんじつしょくぶつ)とは、ある限界の時間よりも日長が短くなると花芽形成や開花が促進される植物。

接木苗

地下部の根の台木と地上部の茎葉の穂木を接ぎ合わせした苗。

台木に土壌病害に抵抗性を持った植物や、生育旺盛な植物や品種を使うことで、それらの長所を兼ね合わせる。

摘心

成長点を摘み取ること。

摘心することで伸びる生育をストップさせることができる。また、側枝の発生が促進される。

徒長

植物が、光不足や通気不良による多湿条件下で弱々しく育つこと。

ナ行

ハ行

花芽分化

栄養成長から生殖成長へ変わる時のこと。

⇛ 野菜のとう立ち(薹立ち・抽苔)について

バンカープランツ

病害虫の防除を目的として、害虫の天敵を集めるために育てる植物。

腐食

土壌中で動植物の遺体が土壌微生物に分解・再合成された暗色無定形(コロイド状)の高分子化合物。

腐食は、無機養分を保持し、土壌の団粒化に役立つなど、作物の生育に重要な役割を果たしている。

⇛ 野菜を育てるための土作り

pH(ペーハー)

pH(水素イオン指数)は、土壌の酸性度を示す数値。

0〜14の数値で表される。0(酸性)〜7(中性)〜14(アルカリ性)。

⇛ 土壌の酸性度(pH)と測定・調整方法について

マ行

ヤ行

有機物・無機物

有機物とは、基本的に生物由来のもので炭素(C)を含む物質のこと。生物体内で作られる炭水化物や脂質、タンパク質など。(二酸化炭素など簡単な元素化合物は無機物に含まれる)

無機物とは、有機物以外の全ての物質。水や金属などのように炭素(C)以外の元素で構成されているもの。

有胚乳種子/無胚乳種子

植物の種子は、有胚乳種子と無胚乳種子の2種類に分けられる。

それぞれ養分(発芽に使うエネルギー)を貯蔵している場所が異なり、有胚乳種子は胚乳に、無胚乳種子は子葉に蓄える。

有胚乳種子:イネ、トウモロコシトマトネギホウレンソウ、など

無胚乳種子:カボチャキャベツキュウリ、ゴボウ、スイカ、ダイコンダイズレタス、など

溶脱

土壌中の物質が、蒸発や降雨などを通じて地下水などに流出すること。

ラ行

リサージェンス

害虫防除のために農薬を散布したにも関わらず、散布前よりもかえって害虫が多くなる現象。

その要因の1つには、農薬散布により対象害虫の天敵が減少してしまうなどがある。

ワ行

早生・晩生(わせ・おくて)

  • 早生(わせ)・・・作物や果物で、早くできる品種
  • 晩生(おくて)・・・作物や果物で、おそく成熟する品種