農業経営状況を自己チェック「新たな農業経営指標(農水省)」

by

農林水産省で「新たな農業経営指標」が取り纏められました。

現状を入力すると、取組指標、技術指標、財務指標の自己チェックができます。

農業経営の現状把握・改善に是非お試しあれ(。・ω・)ノ゙

新たな農業経営指標

どんなものかというと。

1.経営改善のためのチェックリスト

経営管理、生産、販売・加工、財務、労務、地域活動に関する14の取り組みについて、チェックリスト形式で入力します。

経営改善のためのチェックリスト

2.経営データの記入フォーム

労働力、農地、生産・販売、財務データについて、数値を記入します。

経営データの記入フォーム

上記1,2を入力すると、次の評価結果が得られます。

3.指標による評価結果シート

入力データを基に、評価結果が出力されます。

指標による評価結果シート

他の主業農家の標準的な水準・上位20%の水準と比較できるので、自分がどの位置にいるのか、改善には何が必要なのかがわかります。

実際の入力は

実際に入力して指標を活用するには、↓のページにある「経営改善実践システム」から、Web上で入力します。

⇛ 新たな農業経営指標 – 農林水産省

定期的に実施すべし

どの事業でもそうですが、PDCAマネジメントサイクルの構築は必須です。

目標を決めて、それに向かって計画を立てる。
そして、計画「P」に従って実行「D」し、定期的に状況把握「C」する。
状況把握の結果、計画通りに進んでいなければ、対策「A」を立てる。

この指標は、簡易的ではありますが、農業経営におけるPDCAを実施するのに使えそうです。

農業経営者の方は是非お試しあれ(。・ω・)ノ゙

ちなみに、認定農業者の方は、この農業経営指標に基づく自己チェックを毎年行うこと、とされているようです。

サクッと読めるPDCAの指南書↓

うちでも使っていくつもり

うちでもこういった指標は活用していくつもりです。

まずは、他の主業農家の水準が目標になると思うので、このシートは大いに役立つと考えています。

が、

現状では、入力するためのデータがまったく揃っていません(・∀・;)

まずは日々のデータを蓄積するところから。。

来年中には小規模でも事業ベースにのせたいと思っているので、マイファームアカデミーでの勉強が終わる夏頃から、営農に向けた準備に取り掛かりたいと思います( ー`дー´)キリッ

こんな記事も読まれています