有機農業の勉強用に畑の一部を空けてもろた

by

マイファームアカデミーで勉強している有機農業。

学んだことは実行してみないと身に付かないので、やまむファームの畑の一部を勉強用に空けてもらいました。

一から自分で考える

うちの畑を手伝ってはいるものの、どうしても指示されて動く形になるため、なかなか自分の身に付かないことを懸念していました。

一から自分で考えて実行して、課題と対策を考えて、失敗したら原因を探して。

そうして経験を積んでいかないと、いつまで経ってもファーマーになれん。

ということで、畑の一部を空けてもらい、誰も口出し・手出しをしない私専用の場所を作ってもらいました。

試験用農地

こうしていく予定

で、この場所をどういう風に使っていこうかと考えたのですが。

有機農業を勉強しているので、それを実践しつつ、うちの畑で作るものと同じものを栽培して、どんな違いが出るか見ていこうと思います。

作物の出来具合もそうですが、農作業の効率性なども見比べていきたいところ。

最近ちょっと有機農業だから必ずしも(・∀・)イイ!!という訳でもなさそうだな、と思う節もあるのですが。またその辺は考えまとめて記事にします。

栽培予定

で、ここで栽培する作物ですが、春から夏にかけては、じゃがいも、トマト、ほうれん草、カブの4種の予定。

じゃがいもはそろそろ植えないといけない時期なので、急ぎ準備中。
とりあえず耕しておきました。

試験用農地

肥料は自作

肥料を自分で作ってみることも勉強になるので、積極的に挑戦してみる予定です。

ちなみに先日仕込んだ「米ぬかボカシ肥」。→米ぬか土着菌ボカシ肥を作ってみた

米ぬかボカシ肥

1週間経ったけど、外から触ってもひんやりしてました。。

発酵温度40度くらいと聞いてたので、ちゃんと発酵してるのか心配でしたが、先生に聞いたら冬場はこんなもんだとのこと。

もうしばらく様子みてみます。

こんな記事も読まれています