大根(品種:三太郎)の栽培記録【2013年春作】

by

大根の栽培

2013年春作で栽培した「大根(三太郎)」の栽培記録です。

2月28日:土作り

  • 堆肥:なし
  • 肥料:なし
  • pH:6.5
試験用農地

4月9日:播種

品種:三太郎(タキイ)

三太郎の特徴:
短形品種なので比較的浅い場所でも栽培が可能。耐寒性、病害にも強く育てやすい。
煮ダイコン向けの肉質。

被せる土は、うちの特製。
播種後は稲わらマルチ。

大根の栽培
かぶの種まき
かぶの種まき
かぶの種まき

4月16日:発芽

発芽を確認。

大根の栽培

5月2日:間引き

1本ずつ芽を残して間引いた。

5月5日:追肥

追肥:米ぬかボカシ肥

カブラ栽培

6月1日:収穫

収穫。

短形品種なので、根長は20cm〜30cm。大きさはこんなものだと思うが、数本を除いて、他は小ぶり。元肥不足と思われる。

割れなどもなく、綺麗な形で収穫できた。

だいこん栽培
だいこん栽培
大根の栽培

煮だいこんに適している品種の三太郎。

収穫した大根は、ぶり大根、大根サラダにして食べた。

ぶり大根は味が良く染み込んで美味しかった。
サラダには、若干固く、ジューシーさに欠けるように感じた。

お裾分けした方からも、煮ダイコンをするなら、普通の大根よりも柔らかくて美味しいとの評価。

Untitled

試しに大根おろしにしてみた。
比べると一目瞭然。左が三太郎。

味や辛味は同じような感じだった。

ダイコン(三太郎)の大根おろし

ダイコンの栽培方法はコチラのページにまとめています