園芸シート

園芸作業の土汚れから室内やベランダを守る「園芸シート」

by

園芸シート

家庭菜園やガーデニングの土作業。

鉢の植え替えなどを、室内やベランダ、駐車場などのコンクリート上で行う場合、土などの汚れが気になります。

そんな場合は、園芸シートを敷けばもう大丈夫。

コンパル園芸シート

園芸作業で出る土や汚れから守る、園芸シート(ガーデニング保護シート)。

株式会社コンパルの製品で、通常サイズ90cm幅、ワイドサイズ105cm幅とありますが、私が購入したのはワイドタイプ。

園芸シート

園芸シートは、こんな感じで使うことができます。

園芸シートの使い方

作業する場所で園芸シートを広げます。

園芸シート

四隅にあるホックを留めると立体形状になるので、風などで土がこぼれにくくなります。(⇐ これがポイント)

園芸シート

幅105cmと作業するには充分な広さ。

私はいつもこの上で、育苗ポットの土詰めをしています。

園芸シート

四隅のベルトを持って包み込めるので、作業後に残った土もこぼさず運ぶことができます。

園芸シート

ツルっとした素材なので、シートに残った土や汚れは、水で簡単に洗い流せます。

畳むとコンパクトになるので、収納にも困りません。

園芸シート

レジャーシートでええやん。と思うかもしれませんが、どうしても土が飛んで周りを汚してしまい、後片付けが面倒臭いんです。(⇐ 経験談)

四隅を留めるだけのシンプル構造で周りも汚れず、後片付けも楽ちん。なかなかオススメです。

こんな記事も読まれています