堆肥の中にいたカブトムシの幼虫

畑は生き物の楽園。蛙やらカブトムシの幼虫やら

by

週末農業(親の農業の手伝い)3週目。

暖かくなって春っぽくなってきました。

収穫が終わった白菜のところに、次の野菜を植えるための土作り。
根っこの部分を掘り起こした後の絵。

畑の残渣

取り除いた白菜の残骸は堆肥にするため、スコップで刺し崩して置いときます。
これにいろいろ混ぜて数か月すると堆肥になるのだそうです。

残渣は堆肥に

堆肥の中で、カブトムシの幼虫が20匹以上いました。。欲しい人いたらあげるよ。

堆肥の中にいたカブトムシの幼虫

えんどう豆。
鳥に食べられてるので、作り物のカラスで脅し。見た目悪いけど。

カラスのかかし

白菜を取り除いたところには、肥料を入れて耕して1週間ほど置いておきます。

土作り

ここには大根を植える予定。

大根は地中深くまで成長するので、充分な深さまで耕す必要があります。
耕運機「こまめ」ではそこまで深くできないの、クワで頑張ります。これかなりキツイ。

クワで耕す

耕してたら飛び出てきた、冬眠中の蛙。
生きてます。安全な場所に穴を掘って埋めておいてあげました。

冬眠中のカエル(生きてます)

水が凍ると壊れるため、冬の間は閉じていた地下水を汲み上げるポンプ。
暖かくなってきたので、本日再開。

地下水汲み上げポンプ

週末農業を始めてまだ3週目ですが、この労働は上半身に効きます。特に脇腹。
もうスポーツジムは解約しよ。

こんな記事も読まれています