儲かる農業

どの野菜が儲かるの?品目別の農業所得と労働時間まとめ

by

儲かる農業

いざ野菜を作って販売していこうと考える時に、一体どの野菜を作るのが儲かるのか?

参考になるデータを見つけたので、シェアしておきます。

品目別の農業所得と労働時間

農水省が公開している資料に、農業経営統計調査というものがあります。

その中に品目別の統計があったので、データを抜粋してまとめました。

主要な露地野菜と施設野菜について、年産での農業所得(粗収益-経費)とそれに掛かる労働時間です。

ソース:農業経営統計調査 品目別経営統計 – 農林水産省 (※平成19年調査で廃止)

尚、このデータはプロ農家の統計であるため、新規就農者であれば水準を低く見積もる必要があります。

露地野菜

10a(1000㎡)当たり、年産での統計。

品目 粗収益
(万円)
経費
(万円)
所得
(万円)
労働時間
(h)
キャベツ 39 21 18 90
キュウリ 177 59 119 932
サトイモ 41 15 26 192
シシトウ 201 58 143 2155
スイカ 59 33 26 221
ダイコン 32 18 14 119
タマネギ 32 21 11 139
大玉トマト 154 64 90 709
ミニトマト 179 99 80 1311
ナス 180 58 123 1049
ニンジン 36 20 15 118
ニンニク 58 31 27 264
白ネギ 68 28 40 336
青ネギ 87 36 50 587
ハクサイ 32 20 12 93
ピーマン 142 53 90 776
ホウレンソウ 34 16 18 220
メロン 54 25 29 221
レタス 48 24 23 133

施設野菜

10a(1000㎡)当たり、年産での統計、単位:万円。

品目 粗収益
(万円)
経費
(万円)
所得
(万円)
労働時間
(h)
イチゴ 360 170 190 2092
キュウリ 243 109 134 1095
シシトウ 376 230 146 2983
スイカ 75 37 37 293
大玉トマト 260 137 123 947
ミニトマト 407 204 203 1488
ナス 351 182 169 1757
青ネギ 86 52 34 575
ピーマン 287 173 114 1162
メロン 125 68 57 493

栽培作業の参考に

野菜作経営のポイント

上記表を参考に、簡単にポイントを整理しておきます。

露地野菜と施設野菜での違い

施設栽培

露地野菜に比べて施設野菜は総じて高い水準にあります。

これは、露地野菜は根菜類・葉茎類が中心なのに対して、施設野菜は果菜類が中心で収穫期間が長く収量が多いため。

また、施設野菜の方が卸業者に好まれるという話も聞いたことがあります。

例えば、トマト。

露地栽培だと、鳥害や天候などにより出荷できる水準の収穫量が不安定なため、安定供給できる施設栽培のトマトの方を仕入れたいそうです。

但し、施設栽培になるとコストも大幅に掛かるようになります。

簡易なパイプのビニールハウスでも3aのハウス1棟の資材が約60万円、鉄骨やアルミの頑丈なハウスだと10aで1000万円〜。さらに加温して栽培するならその設備や燃料・電気代、また、ランニングコストとして補修や張替えも必要。

農業所得と労働時間

収益性

作物によって、単位面積当たりの農業所得は大きく異なりますが、単純に農業所得が高いものが儲かるわけではありません。

労働時間当たりの収益性

例えば、農業所得と労働時間で収益性を見てみると、

施設栽培のイチゴは、農業所得190万円を得るのに、2,092時間の労働時間が必要。これを時給換算すると908円/時間

露地栽培のダイコンは、農業所得14万円しかないが、労働時間は119時間だけなので、時給換算すると1,176円/時間

このように、労働時間当たりの収益性では、ダイコンの方が高くなります。

これは、農業所得の高いものは、低いものに比べて非常に手間が掛かるからです。

単面積当たりの収益性

一方で、農業所得が小さい作物は、広い農地がなければ経営が成り立たないという面があります。

収量が限られて売上が伸びないだけでなく、スケールメリットが生かせずに、労働時間当たりの収益性も低くなってしまいます。

逆に、農業所得が高い作物は小さい農地でも良く、非常に手間が掛かるので、むしろ小規模経営の方が向いている場合があります。

他にも

収益性や労働時間だけでなく、他にもいろいろ検討要素はあります。

  • 農地はその野菜を栽培するのに適しているのか?(適地での栽培)
  • 直販するなら、パッキングなどの労働力も必要になる
  • 直売所で販売するなら特に、その野菜の需要と供給が偏ってないか?

などなど。

また、無農薬などの栽培であれば、見栄えが悪いために市場価格が低いことも多いです。
そのため、独自の販路を開拓する必要がありそうです。

改めて見ると・・・

こうやって改めて見てみると、農作物の生産・販売だけでお金を稼ぐには、厳しい覚悟が必要になりそうですね。

例えば、施設栽培でのシシトウなんて見ると、休みなしで毎日8時間ちょっと(2983時間/365日)働いて得られるお金は、たった146万円。お金のことだけを考えると、サラリーマンの方がよっぽど稼げます。

一方で、経営手腕を発揮して収益性を高めたり、サラリーマンより悠々自適な生活を得たりと、数多くの成功事例もあり、農業には大きなチャンスがあるのも事実。

そんな農業に興味ある方は、コチラの書籍も参考にどうぞ。

⇛ 農業で起業・新規就農するなら読んでおきたい農業ビジネス書籍

こんな記事も読まれています